[PR] ハンガリーでクルマ購入 日本語OKなディーラー

クルマがあると海外での生活はとても便利に。行動半径もぐんと広がります。しかし言葉が難しく、制度も違うハンガリーにあっては、まず買う際のハードルが高く……。

でも大丈夫、Suzuki Világ ( スズキ・ヴィラ―グ ) ならば、購入手続きから納車後のサポートも日本語で丁寧に対応してもらえて安心です。日本人担当者を訪問し、サービス紹介と同時に当地でのクルマ購入手続きの流れや注意点を伺いました。

日本人担当は大ベテラン、マールタさん

スズキ・ヴィラ―グ本店があるのは、ブダペスト西隣の Budaörs ( ブダウルシュ市 )。ブダペスト市中心から車で 20 ~ 30 分程度です。

明るいガラス張りのサロンの中に入ると、早速、女性が微笑みながら迎えてくれました。Cseresnyesi, Marta チェレシネーシ・マールタさんです ( 以下、マールタさん )。

マールタさん Photo by Ako

とても流暢な日本語で、煩雑な手続きのこともスラスラと説明してくれます。聞くと 12 年勤務しており、これまで対応してきた日本人のお客様は数百人

加えてその前は日本に十数年暮らしていたため、日本の運転事情や、日本人の心配事もよく理解されていて心強いです。

Suzuki Világ ( スズキ・ヴィラ―グ ) について

中にはこどもが遊べるスペースもあります。Photo by Ako

オープンは 2006 年。伊藤忠商事の 100% 子会社です。伊藤忠はハンガリーにおいて、Magyar Suzuki Zrt. (マジャール・スズキ、株式会社スズキの子会社) の戦略的パートナー。

現在は、ブダウルシュ市の他、マジャール・スズキの工場があるエステルゴム市にサロンを持っています。

扱っている車種は、同工場生産の Vitara(ビターラ=エスクードの欧州仕様)と SX4 S Crossの他、スズキブランドの IgnisSwift。新車が中心ですが、一部中古車も扱っています。

購入前~ まず準備すること

早速、マールタさんに日本人が当地で買うのに必要なもの、気をつけるべきことを伺いました。

Q1. 手続きで最初に必要な書類はなんですか ?

マールタさん
基本の 3 つは、① 有効な滞在許可証、② 住所登録のカード、③ 運転免許証です。

滞在許可証 ( tartózkodási engedély ) を移民局に申請中の場合、車購入の準備は進められますが、実際の名義変更は滞在許可証取得後になります。

住所のカードは lakcímkártya、または外国人用の accomodation reporting form ( 白い紙 ) です。

免許は、1 年以上の滞在予定であればハンガリーの免許証への切り替えが必要です。

Q2. クルマ購入の契約を結んだ後、当局への届け出はどうなっていますか?

マールタさん
新車の場合でしたらまず、関連当局による安全面の技術検査を受け、道路で走行してよいという認可を得ることと共に所有者変更の手続きをします。 ( forgalomba helyezés )

その後受け取るのが、forgalmi engedély。日本の車検証 ( 自動車検査証 ) に相当するものです。ナンバープレート ( rendszámtábla )も発行してもらいます。

当社では通常、お客様に代わってこうした一連の手続きを行い、手数料も立て替え払いしておきます。

左: forgalmi engedély ( 車検証 )、右: 強制保険の証明書。警察による路上検問の際は、運転免許証と併せて、必ず提示を求められます。Photo by Ako

また、2 ~ 3 週間すると、törzskönyvオーナー・レジストレーションカード、所有者登録証)というプラスチックカードがお客様宛に書留で届きます。売る時に必要になるので、自宅に保管しておいてください。

その他にお客様は、居住する自治体に自動車税 ( gépjárműadó、俗称はsúlyadóteljesítményadó ) を年 2 回納めます。黄色い振込用紙が届きますから、それで郵便局で支払えますよ。

Q3. 保険も必要ですよね ?

マールタさん
日本と同じように、ハンガリーでは強制保険 ( 自賠責保険、KGFB ) 任意の自動車保険商品 ( CASCOカスコ ) があります。

運転する際は、強制保険の支払い証明書を携行していなければなりません。カスコは、例えば自分で車をぶつけて破損させてしまったときなどのため。入っておいた方が安心です。

当社では、保険の手配も可能。提携しているのは保険ブローカですから、お客様の運転歴、年齢、また車種などに合わせて最適な商品を選ぶことになります。

費用はざっくりと見積もって、ビターラでしたら、強制保険が年間 5 ~ 6 万 Ft、カスコが 15 ~ 16 万 Ft といったところでしょうか。

Ft = ハンガリーフォリント。2020年10月現在 100 Ft = 約 34 円

保険会社からお客様への通知はハンガリー語なので、スキャンデータを送っていただき、私の方で確認しています。

Q4. 冬タイヤは必要 ? 

マールタさん
ハンガリーならではの注意事項として、冬タイヤがあります。ここでは絶対必要で、気温が 7 度以下になったら変える合図です。

たいていクルマ購入時に、タイヤも揃えることをお勧めしています。すぐに必要なければ、当社で有料ですが保管もできます。もちろんタイヤ交換も当社にお任せください。

タイヤは純正ホイールといっしょに。それが一番タイヤに優しいです。 Photo by Ako

購入後~ 定期点検、車検、事故や故障のとき

Q5. クルマは買った後もメンテが必要ですね。

マールタさん
定期点検は、走行距離が 1.5 万キロになったら、もしくは 1 年に 1 回です。こちらに持ってきていただきましたら、1 時間半くらいで終わります。あと、4 年に 1 度の大きな点検があります。

それと車検ですね。新車なら新車登録から 4 年目、2 回目以降の車検なら前回の車検から2年目になります。車検有効期限は forgalmi engedély ( 車検証 ) の後ろに記載されています。

Q6. 故障や事故の際はどうしたらよいですか ?

マールタさん
故障の場合、当社に車を持ってこられるようなら持ってきていただき、それがだめならトレーラーを頼みます。まず状態をチェック。その後に修理の見積もりをお見せして、同意をいただいてから作業に入ります。

事故に遭った場合は、ヨーロッパ統一の事故報告書 ( baleseti bejelentő・accident statement )を現場で当事者どうしが作成します。ハンガリー語では通称 kék-sárga ( 青-黄* ) と言われていて、どの車も携行していなければなりません。

*車Aの状況は青、車Bの状況は黄色の枠内に書くため

ただ、言葉がわからない状況では大変です。万が一の場合は、私たちに電話してくださいと言っています。
事故後の車の修理に保険を使う場合は保険手続きをスズキ・ヴィラ―グの担当者にお任せください。

Q7. その他、どんなことに気を付けたらいいですか?

マールタさん
お子様のチャイルドシートのこと、街中での駐車料金の払い方や、高速道路の券の買い方などですね。お客様の具体的な状況に合わせてご説明しています。

ビターラや S-クロスはこんな方にぜひ

最後に、マジャール・スズキが 2019 年末から生産しているマイルドハイブリッド版ビターラS-クロスについて、ディーラーとしてどんな人にお勧めできるか伺いました。

マールタさん
一言で言うとしたら、家族にぴったりということです。運転しやすいし、トランクが大きくて荷物がいっぱい入りますし。

またマイルドハイブリッドになって燃費が良くなりました。つまり、ランニングコストも抑えられます。静かだし、環境にも優しいです。

大きな利点は、ハンガリーでつくっている車なので、同等クラスの中ではコストパフォーマンスが断然いいということ。輸入車は輸送コストなどがかかり割高になってしまいます。ビターラ、S-クロスの最多価格帯は 500 ~ 700 万フォリントです。

サロンへはいつでもお待ちしています!どんなこともお気軽にお問い合わせください。

お問合せ
Suzuki Világ / スズキ・ヴィラ―グ
ホームページ : https://www.suzukivilag.hu/

ブダウルシュ本店
H-2040 Budaörs, Keleti u. 2.
📞 +36-23-803-903、 +36-23-803-937

エステルゴム店
H-2509 Esztergom-Kertváros, Retek u. 4.
📞 +36-33-599-107

日本人担当者
Cseresnyesi Marta
チェレシネーシ・マールタ
📞 +36-20-772-0120
cseresnyesi.marta@suzukivilag.hu

 

運転免許切替に必要な『 医師の健康診断書 』の取得方法

2018.03.02

安全運転の掟 5 か条 ( 前編 )

2019.03.08

安全運転の掟 5 か条 ( 後編 )

2019.03.13

【 Partner PR 】Suzuki Világ / スズキ・ヴィラーグは、当サイトのパートナー自動車ディーラーです。

ABOUTこの記事をかいた人

鷲尾亜子

1997年よりハンガリー在住。日本とハンガリーでの新聞記者の経験を活かし、現在、Twitter では「 ハンガリーのニュース 」、また政治経済ニュースレター「 ハンガリー経済情報 」( 有料 ) を配信中。