安全運転の掟 5 か条 ( 後編 )

ハンガリーで運転ができれば、便利なうえに、行動半径も広がります。でも、最低限知っておきたい交通ルールや事情があります。安全運転のための『 掟 』 後編は、曲がるときのポイント、「 下 」にも注意を払う意味、運転は止めるべき特殊な天候状況についてお伝えします。

安全運転の掟 5 か条 ( 前編 )

2019.03.08

第 3 条  曲がりたい、でも曲がれない

ハンガリーに来て戸惑ったのは、「 曲がりたいところで、なかなか曲がれない! 」ということ。 交通ルールというよりも、道路の敷き方の違いによるものです。全般的に、なるべく車の流れを止めない、渋滞を作らない、信号は最低限でよいように設計されている印象を受けます。

特に、何車線もある幹線道路は、日本と同じ感覚では曲がれないことが多々あります。代表的なパターンを挙げてみましょう。

【 左折のよくあるパターン 】
主要幹線道路では、信号があっても左折禁止が少なくありません。その場合は、「 脇道をぐるりと一周りしてから左折 」と迂回することが多いです。

でも、ここで注意! その脇道に入るには、一番右の車線に入っておく必要があります。 「 左折準備のために左車線に移っていたのに~~! 」と、気づいたときはもう遅く、右車線に移動できないことも。

もちろん、手前に道案内の標識は出ています。が、不慣れな場合は、「 ? 」「 ? 」としている間に通り越してしまうことがあるのです。

橋の手前に「 4 」を逆にしたような指示 ( ブダペスト市ハヨージャーリ島 ) 。 橋を渡った後、左折はできず、このように進めという意味です。 Photo by Ako

【 右折のよくあるパターン 】
右折する場合、信号機のある交差点で 90 度に曲がるのではなく、「手前で斜め右に入り右折」というパターンがよくあります。( そのため、信号機まで行ってしまうと、結局右折できなくなることも )

ブダペスト市中心にあるオクトゴン ( Oktogon )。右折するには斜め右に入っていきます。また、左方向に曲がりたい場合は、斜め右に入る道を 3 回進むことに。 Photo by Yuri

【 中心部は一方通行ばかり 】
ブダペスト市中心部では一方通行の道路がとても多く、簡単には左折・右折できないところだらけです。そのため、徒歩で知っていた道をそのまま車で行こうとしてもダメで、大回りしなければならないことがあります。

では、「 曲がり損ね 」はどう防げばよいのでしょうか?

一番良いのは、『 標識確認 』+『 カーナビ使用 』 のセットでしょうか。あとは、曲がり損ねてもこの世の終わりではないので、少しくらい間違えても大丈夫と大きく構えることも大事と思います!

ハンガリーでは右折専用、左折専用車線に入っているとウィンカーを出さない人がとても多いです。一方で、追い越すときは自転車でもかならず出します。
カーナビ・ Waze
いろいろ試して、私が今使っているのは、世界最大カーナビアプリ “ Waze ( ウェイズ ) ” 。スマホに無料ダウンロードでき、周囲のハンガリー人でも利用者は多いです。

Waze は、渋滞、工事、事故状況をリアルタイムに把握したうえで、最適ルートを提示してきます。ここまでは他のナビとあまり変わらないですが、最大の特徴は、「 ソーシャル 」面

Waze 自らが「 ドライバーどうしの助け合いを手助けするナビ 」と謳っているように、利用者間で事故や取り締まりなどの情報をやり取りし、質問もできます。運転していると、画面の前後左右のあちこちで、Waze 利用中のクルマが確認できます。

音声ガイダンス日本語はハルカさん。ハンガリー語ならチッラさん、アンドリシュさん、ドーリさんから選べます! 英語はもっとたくさんあります。

左下の画像では、他の  Waze 使用者が見えます。大渋滞していると、お互いに、「 事故? 」「 2 台衝突し、電柱が倒れたので両車線ストップ 」 などコメントしあいます。 画像出典 Waze

 

第 4 条  左右前後に加え、「 下 」にも注意!

ハンガリーに来たら、「 路面は平ら 」という考えは、まずリセットしましょう ( 笑 )

マイナー / メジャー道路に関係なく、舗装に亀裂が走っていたり、陥没していたりします。特に冬から春先は要注意。温度差のためか、穴が多くなるのです。

そのため、前後左右に加え、「 下 」もチェックすることが大事。

交差点のど真ん中に…。ハンガリーの道路は、人生同様、平坦ではありません。 Photo by Ako

それでも、暗すぎたり ( * ) 、スピードを出していると、見落としたり、気づいた時はすでに遅し、、、ガリッとやってしまうことも。それは、ハンガリー人ドライバーでも同じです。その場でパンクする場合も、後で空気が抜けてしまうこともあります。

高速道路 ( 特に交通量の多い、ウィーン方面への M 1 ) でも問題になっており、証明できれば、国営道路管理会社に賠償請求することもできます。

( * ) 日本の都会から来ると、街灯の数が少なく、また光も弱めのためハンガリーの道路はとても暗く感じます。どうぞご注意ください。

「 横たわり警察官 」
下に気をつけるべき理由は他にもあり、その一つはハンプ。通学路、住宅街などで強制的に減速させるのが目的で、形状は、コブや細い線状の突起など、いろいろ。

ハンガリー語では fekvőrendőr = 横たわっている警察官、もしくは bukkanó と言います。

ハンプは通常、標識が手前に出てきます。それに気づかず減速せず通り越すと、ボコンボコンと衝撃が。乗っている人にも車にもよくないので、気をつけてください。

コブ 2 つの標識は、前方にハンプが複数あるという意味。コブ 1 つならハンプ 1 つ。Photo by Ako

第 5 条 『 雨氷 』のときは運転しない

大雪や濃霧、嵐など悪天候時には、運転しないのが賢明です。中でも、私自身が「 この時だけは絶対に運転したくない 」、そして声を大にして 「 危険! 運転しないでください! 」と呼びかけたいのは、「 雨氷 ( うひょう ) 」

雨氷 ( ónos eső ) のことは、ハンガリーに来て初めて知りました。日本ではほとんどお目にかからない現象ですが、この国では稀ではありません。気温が 0 度前後の時に起こりやすく、霧雨のような冷たい雨が、道路や木などに付着したとたんに凍り付くものです。つまり、路面には薄氷が張られて、スケートリンク状態に。

雨だから大丈夫、と甘く見たらとんでもないことになりかねません。雪よりもたちが悪く、本当に怖いです。冬タイヤをつけていても何の役にも立たず、ハンドルもブレーキも、「 まったく 」思い通りになりません。

こういう時は、事故のニュースも増えます。 雨氷になりそうな場合、国内では、テレビやラジオ、ネットで盛んに注意が呼びかけられるので、“ 乗らない ” に限るでしょう。歩く場合も、十分気をつけてください。全国気象サービスの予報はこちらから。

「 雨氷注意報 」 赤 = 3 が警戒レベルが最も高い。こんな日はじっとしているのが一番。 画像出典 : 全国気象サービス ( 2017 年 2 月 )

私の雨氷体験
私は一度、カーブや坂の多い郊外の道路を運転中、雨氷が始まり大変な目に遭いました。冬特有の夕方で既に暗く、霧も出ている状態。視界も悪く、最悪でした。

雨氷は無慈悲にもしとしと降り続け、どの車も運転制御が不可能に。カタツムリの歩みでしか進めません。時々、前方の車がズルズルと右や左にずれて、必死に戻そうとしているのが見えました。( こういう時は、急にハンドルを回したり、ブレーキを強く踏んだりするのは厳禁。ハンドルは、ゆっくりゆっくり操作、そして、ブレーキは必要な時だけ「 そっと 」するしかありません。)

「 もう運転したくない~~涙 」 心の中では叫んでいましたが、路肩に停車することも叶わず。狭い一本道は、車が数珠繋ぎとなっていたからです。幸い、事故に遭わずに帰宅できましたが、普段なら 15 分のところ、2 時間以上かかりました。肩はガチガチ、寿命は数年縮んだと思います。こんな思いをするのはもうイヤ !  注意報が出た時点で、もう無理はしません。

以上、2 回に分けて、最低限知っておいていただきたい情報をお伝えしました。でも、まだまだ大切なことは沢山。在ハンガリー日本大使館が「交通安全の手引き」をまとめていますので、お勧めします。

安全運転で、快適なドライブとなりますように!

おまけ☆ T マークのクルマを見つけたら優しくしましょう。

「 若葉マーク 」に相当する 「 T マーク 」。 ” tanulóvezető ( 学習中の運転手 ) ” から来ています。 Photo by Ako

ABOUTこの記事をかいた人

鷲尾亜子

1997年よりハンガリー在住。日本とハンガリーでの新聞記者の経験を活かし、現在、Twitter では「 ハンガリーのニュース 」、また政治経済ニュースレター「 ハンガリー経済情報 」( 有料 ) を配信中。