留学はじめの不幸と教訓 ( 前編 )

ブダペストで留学生活を送る Kentoushi さん ( 20代、男性 ) からの投稿です。ハンガリーに着いて 1 か月程度が過ぎ、少し環境にも慣れてきた頃、自転車事故に遭いました。当時の一部始終を前編・後編でお届けします。今回は、痛々しい事故発生から病院到着までの体験談です。

自転車で事故に

ブダペストの中心地。車道を走る自転車 Photo by Yuri

ブダペストに到着してしばらくした頃、僕は知り合いから自転車を借りました。電車賃の節約にもなりますし、日本ではよく使っていて便利だと思ったからです。

初めて市内を回ったときは驚きました。自転車用の信号に専用道路もあったからです。一見すると自転車に配慮しているように見えました。また当地では、自転車専用の印がない限り、歩道の通行は禁止。上写真のように車道を走らなければなりません。

しかし、日本とは違い、ブダペストの一般道路では、かなりの速度で車が行き来し、運転も荒いです。タクシーに乗ったときは、一体どこからが高速道路なのかわからないぐらいのスピードで走行していました。自転車は、時にその車と同じ道を走らなければなりません。乗ってみると、決して日本と比べて安全とは言えない環境です。

そんなブダペスト市内での走行にも慣れてきた頃、あの事故は起きました。

マルギット橋をペスト側からブダ側に下っていたときのことです。急ぐ用事があり、緩やかな下り坂をブレーキなしで走っていました。すぐ横を走るトラム ( 路面電車 ) とほぼ同等のスピード、体感だとおおよそ時速 20 kmは出ていたのではないでしょうか。

その瞬間、左手がハンドルから滑り、慌て、体の重心が右に大きく傾きました。ブレーキを片方だけ強く握ったせいか、余計に右にハンドルを切ってしまい、自転車は専用道路から大きくそれていきました。すると突然、目の前に大きなコンクリートの壁が。視界で覚えているのはここまでです。

事故現場には、タイヤの跡がくっきりのこってしまいました。Photo by 知人

頭と顔付近をバットで撃たれたような衝撃。すぐに麻痺したせいか、一瞬気を失ったのか、痛みは記憶にありません。

気が付くと、僕は橋の上で座ってうずくまっていました。自転車は後ろで横に倒れている状態。路上にあふれ出る血を見て、自分の体に起こっている事の重大さを知ったのです。そしてじわじわと痛みが出てきました。

道行くハンガリー人たちの素早いレスキュー

ハンガリーの公立病院入院時の必須アイテム、トイレットペーパー Photo by Yuri

あっという間に、次々とハンガリー人の皆さんが歩み寄ってきました。そして、「 大丈夫か ? 」「 すぐに救急車を呼ぶから! 」と、英語で話しかけてくれたのです。

しかし、僕は『 救急車 』と聞くと大袈裟に感じ、しどろもどろに「 大丈夫、このまま休ませて 」と断りました。でも実際に、体は熱く、しびれていました。

周りから見ると、僕はひどい状態だったのでしょう。誰かが救急車を呼んでくれました。

その間、目の前にはたくさんの人が水や大きな絆創膏、ティッシュ等を差し出してくれました。中にはトイレットペーパーを鞄の中に入れてくれた方も。後からわかったのですが、ハンガリーの公立病院で入院する際は、トイレットペーパーを持参しなければならないのです。なんと気が利く方だったのでしょう。

周囲では、「 私たちは日本に行ったことがありますよ、日本が大好きです 」という感じのことを英語で話してくれたような気がします。ハンガリーは親日なんだな … と思っていると、だいたい 5、6 分後にはサイレンを鳴らした救急車が到着。

初救急車で病院、待ち受ける試練

ハンガリーの救急車 Photo by Yuri

救急隊員に「 立てますか? 」と言われ、簡易の車椅子のようなものに座らされました。担架で運ぶのではなく車椅子で救急車に乗車。そのまま車内に固定され、搬送。段差等でかなり揺れました。頭を打っていましたが、日本のように慎重に運ばれる感じではなかったです。

停車すると、そこには僕と同じように血だらけになっている人、骨折している患者さんがたくさんいました。どうやらここは、公立の総合病院内にある救急外来のようです。

医師の方でしょうか、白衣を着た年配のおじさんが近づいてきて「アレルギーはある?」、「どういう状況でこうなったの?」と英語で質問しました。僕は、不慣れな言語でたどたどしく説明しました。相手がどの程度理解してくれたかは定かではありません…。

だいたい 8 分後ぐらいに若手の男性看護師がやってきました。その手には注射器が ‼  即座に注射しようとするので、「 ワット イズ ディス?! ( What is this ? ) 」と聞くと、よくわからない単語が返ってきました。日本語でも難解な医学用語を外国語で言われても、すぐに理解はできないと痛感しました ( 苦笑 ) 。

結局、わけがわからないまま、注射。でも、今思い返せば、あれは止血剤だったと思います。

しばらくして、再び医師がやってきました。そして、僕の名前と母親の名前 ( 旧姓 )※ 、現在の住所を書くように、と紙を渡されました。想像に反し、公立病院の医師は英語で対応してくれました

※ ハンガリーの公的文書には、通常、母親の旧姓名の記入が必要です。

ふと気づくと、書類に記入し終えた僕にまた針先が…。先ほど注射した腕とは違う腕に1分間程針を刺したまま、割と大きな管に 3 本も採血されました。

実は、僕は注射が大の苦手。ショックで、猛烈な吐き気に襲われ、汗が全身から滝のように流れました。車椅子の上でぐったりしていましたが、周りは忙しさで容体の変化に気づいてくれません。

ようやく気分が回復してきたと思った矢先、 CT スキャン室へ移動。正確な時間は覚えていませんが、そこでもかなり待たされました。検査を終え、最初に到着した部屋に戻されました。

これからどうなってしまうのだろう、、、と不安よりむしろ恐怖に近かったです。この後も、次から次へと驚きと試練が待ち受けていました。

次回は、「 最怖 」?の瞬間やハンガリーでの入院生活をお話しします。


ハンガリー暮らしの健康手帖では、読者の皆様の体験談をお待ちしております!自分の経験が誰かにとって価値ある情報になるかもしれません。海外暮らしに役立つ知恵をぜひ当ブログお問合せからご投稿ください☆