ハンガリー・コロナ情報 (14) 再び非常事態宣言

新型コロナウィルス感染の急拡大を受け、ハンガリー政府は 非常事態を再び宣言しました。

「 非常事態宣言 」=全面的ロックダウンではありませんが、深夜外出禁止などいくつかの追加制限措置が同時に発表されましたので、併せてお伝えします。
( 11月11日追記:本記事掲載時の措置を大幅に厳しく、または拡大した一連の制限措置が始まりました。最新情報は下の記事をご覧ください。 )

ハンガリー・コロナ情報 (15) 大幅な制限措置導入へ

2020.11.09

非常事態宣言

オルバーン首相は 11 月 3 日夜、2 度目の非常事態宣言を行うと発表。4 日 0 時に発効済みです。

通常、政府がこうした非常事態宣言を行えるのは 15 日間ですが、議会には 90 日間延長するよう要請するとしました。

オルバーン首相は、現在の新型コロナウィルスの国内感染拡大が速く、それに政府も迅速に対応するには宣言が必要と説明しました。( 非常事態宣言下では、政府は国会での審議・承認を得ずに、様々な措置を政令で講じることが可能。)

追加制限措置

非常事態宣言と同時に発表された追加制限措置は、春の第 1 波の時のように市民活動を著しく制限するような厳しいものではありません。ただし、クラブの閉鎖、深夜の外出禁止などが含まれるのでご注意ください。施行は 11 月 5 日です。

追加措置
  • 24 時~翌朝 5 時は外出禁止 ( 労働のためなど一部例外は除く )
  • イベント、映画館、劇場、スポーツ観戦会場などでは、左右 2 席、前後1 席空ける。
  • クラブ ( ディスコ ) など娯楽場所は閉鎖 ( カフェ、レストラン、バーは含まれません )
  • 公共交通機関の混雑改善のため、ラッシュアワー時の運行本数増加、および路上駐車の無料化

美術館・博物館など文化施設では、1.5 メートルのソーシャルディスタンスを確保する必要があります。

その他の留意点 ( 既存の措置 )

政府は 9 月以来、いくつかの制限措置を導入しており、細々と追加や修正を行っています。

【 入国規制 】
現在、11 月末まで延長されています。

外国人の入国は、主に以下の場合で可能です。( いずれも証明する文書の提示が必要 )
・有効な滞在許可証保有者 ( ハンガリー人の外国人家族など )
・商用
・留学生
・入国前 6 か月以内にコロナ感染済みの人

*商用での訪問者およびコロナ感染済みの人を除き、入国後は 10 日間の隔離が義務付けられています。

ハンガリー・コロナ情報 (12) 外国人は原則入国拒否、9 月 1 日から

2020.08.29

【 マスク着用義務 】
これまでの商店、公共交通機関、文化施設などに加え、屋外集会やイベントも追加済み。

また、11 月 2 日からはレストランやカフェでも、飲食時以外は着用義務が課せられています。

ハンガリー・コロナ情報 (13) 追加措置など

2020.09.19

【 営業は 23 時まで 】
飲食店などの営業は 23 時まで。イベント、集会も同様です。

当サイトでは、大きな発表があったときに記事にまとめていますが、より早い情報を確認されたい場合は、Twitter をご覧ください。

ハンガリー暮らしの健康手帖 Twitter
ハンガリーのニュース Twitter

また、在ハンガリー日本国大使館も、ウェブサイトで詳しく記載しています。

コロナ感染状況

国内 コロナ感染状況 ( 2020 年 11 月 3 日 )

新規陽性確認 : 3,989人
死亡 : 84人

現在感染者 :  63,940人
入院4767人、うち人口呼吸器装着 348人

検査数:14,620 件 ( 検査陽性率 27.82% )

過去 7 日間 ( 10 月 28 日 ~ 11 月 3 日 )

新規陽性確認:合計 23,127人 ( 平均 3304 人 / 日 )
死者:合計 438 人 ( 平均 62.6 人 / 日 )

【免責事項について】「 ハンガリー暮らしの健康手帖 」は、情報発信の際、正確を期すために法令確認など最善の努力をしています。しかしながら、法律の専門サイトではなく、正確性・完全性を保証するものではありません。詳細につきましては、必ず関連公的機関の公式サイトをご参考にされるか、直にお問い合わせください。

本記事の情報

官報 237号

政府コロナ対策本部

ABOUTこの記事をかいた人

鷲尾亜子

1997年よりハンガリー在住。日本とハンガリーでの新聞記者の経験を活かし、現在、Twitter では「 ハンガリーのニュース 」、また政治経済ニュースレター「 ハンガリー経済情報 」( 有料 ) を配信中。