先輩方に聞きたい!おうちのお掃除洗剤 ー水回り編ー

在住歴 10 年以上の日本人 3 名とハンガリー人ベテランママに、自宅で使っている掃除用洗剤について聞いてみました。当地のドラッグストアには、いろんなメーカー商品が並んでいて、どれがいいのかイマイチわかりません。そこで、先輩方の愛用品やおすすめアイテムを調査することに。

このテーマでは、「水回り」と「お部屋」編の 2 回に分けてお届けします。ここでは、風呂場やお手洗い、台所など、水を使う場所の洗剤を見ていきます。経験から得た知恵や工夫、注意事項など、役立つ情報満載です。

先輩方に聞きたい!おうちのお掃除洗剤 ーお部屋編ー

2020.05.29

先輩方のお掃除グッズ拝見

今回のアンケートで伺ったのは、下記の 6 項目。

  1. トイレ ( 便器を含め )
  2. 浴室 ( 浴槽含め )
  3. 流し、水道管
  4. コンロやオーブン周り
  5. 食器用
  6. 石灰除去

それでは、先輩方からのコメントも含め、どこにどんなものを使っているか拝見していきましょう。

まのさん ( 30 代、在住歴 15 年 )

まのさん

基本は特にこだわりがなく、その店にあり、その時安くなってるものを買ったりしているのですが、除菌のために Domestos は必ず使っています。特にお手洗いやお風呂場の掃除用にしています。

かつてのホームステイ先やハンガリー人の友達の家に必ずあったので、信頼されてるんだなと思い使い始めたのがきっかけです。

かなり頑固な汚れも、こびり付いたカビなども、しばらく Domestos に浸けておくとキレイに取れます。除菌にも優れていて、今は新型コロナの問題もあるので、ドアノブや電気スイッチなどあらゆる場所を拭く際にも使っています。

ですが、かなり強烈な液なので、ペットや赤ちゃんのいる家で使用する際は気をつけた方がいいかもしれないです。

この間大掃除をした時に、Domestos を多めに使って掃除したのですが、その後、飼っている猫ちゃんが2日間下痢をしてしまいました。

多分、Domestos が原因だったかと。掃除したところに近づけさせなければ大丈夫かもしれないですが、気をつけてあげた方がいいなと再確認しました。

それと、Domestos を使うときは、ゴム手袋をした方がいいです。面倒くさがりなので、私はしょっちゅう素手ですが、すごく肌が荒れますし、2−3日手が臭くなります。笑

まのさん

あと、最近は、猫への影響や妊娠をきっかけに、お酢を使った掃除が増えました。

日本でも知られているように、お酢はキッチンなどの気なる汚れを落とすのに効果があるし、食品なので口に入っても安心。

スーパーやコンビニ、日用品雑貨のある商店などで売っています。

日本の記事で、水とお酢を 2 : 1 で割ると読んだのですが、日本で普通に売られているお酢は酸度 5 %くらい。ハンガリーだと 10 – 20 %が多いので、同じ分量で割ると臭いが気になり…。私は、もう少しおおめの水で割って薄めたものを使っています

坂東菜穂子さん ( 40 代、在住歴約 20 年 )

坂東菜穂子さん

カエルのマークの FROSCH ( フロッシュ ) を愛用しています。環境にもやさしいし、手肌にもやさしい。合成洗剤特有の人工的な強いにおいがないのも良いです。

とくに職場は色々な方がいらっしゃるので、なるべく匂いの強くないもの、香りが残らないものを使っています。

加えて、硬水の影響と肌の弱さが相まって、洗剤であかぎれになりやすいため、値段とも相談しているうちに自然と FROSCH ばかりになりました。( 手が小さいので、こちらのゴム手袋は S サイズでも指先がかなり余って使いにくいのです )

坂東菜穂子さん
最近は、ヤシの実スポンジを愛用しています。理由は、話題のマイクロプラスチックが出ないのと、コスパが良いから。

6 個入りで、購入当時は 460 Ft ほど ( 約 150 円 )。私の手には大きいので、半分に切って使ってます。そして、安物のスポンジより、はるかに長持ち ! おすすめです。

今使っている ⑤ 台所洗剤は、買い置きの JAR ですが、普段は台所洗剤も FROSCH  をつかいます。ただ、JARに比べると油の落ちは悪い気がします

④ の CIF は、コンロやオーブンまわりだけでなく、換気扇の掃除にも使います。

坂東菜穂子さん
⑥ の石灰除去には、見ての通り洗剤入りの VINEGER ( 酢 ) なので、匂いもお酢です。苦手な方はご注意を。

流しや水回りの石灰をとるのには、究極のところ当地で一般的な 20 %の合成酢でも大丈夫ですが、匂いがすごいし、ささくれに沁みるのが難点。

失敗談というほどではないですが、茶殻でほこりがとれるからと撒いたら、あっというまに乾いて台所のタイルにこびりつき、掃除するのが大変でした。当地では向かないようです。

入浴のあとの髪の毛は絶対に流してはなりません。水道管が古かったりするとあっという間に詰まります。③ の薬剤で溶かすにしても、頻繁に使うと水道管を痛めて水漏れ等のトラブルのもとです。

アスパラガスさん ( 50 代、在住歴 20+ 年 )

アスパラガスさん

カエル ( フロッシュ ) 製品が多いのは手に優しいのと、香りがきつくないため。加えて可愛いから (笑)

バスタブには、② のカエルのユニバーサルタイプをそのままかけて、スポンジでこすり流して終わり。浴室の床タイルには、バケツの水に大さじ 1~2 入れ薄めてから、モップで拭いてます。表示のようなラベンダーの香りはしないですけど、悪い香りではありません。

ただ、カエル商品は全般的にそうパワフルではない印象。コンロ周りで何日、何週間もこびりつかせてしまったものは、おそらく ④ のキッチンクリーナーだけではとれないのでは ? そうならないように、こまめにお掃除してます。

アスパラガスさん
うちのシンクはステンレスではなく人工石のため、粉パプリカやお茶の色がついてしまいます。

③ Domestos は漂白剤 ( 塩素系 ) の代表なので、シンクに水を張って大さじ 1~2 入れておくと付着してしまった色がきれいに落ちます。除菌効果もあるので、プラスチック製まな板や湯呑も時々浸します。塩素系なので他と混ぜるのは絶対にダメ!! 長時間漬けておく必要もないです。

あと、原液は強すぎるので、希釈が基本。手袋もつけます。木製のものに使うと表面が傷むし、塗料がある場合は漂白されてしまう恐れがあるのでご注意を。日本のキッチンハイターみたいな感じかと思います。

Domestos は、パッケージが黄色と緑でそれぞれ希釈の割合が違うので、それも注意。説明書きによると、黄色は 5 リットルの水に 180 ミリリットル、緑は 120 ミリリットルだそう。

トイレ便器やトイレの水タンク ( WC kagylók ) には、原液をそのまま使えて、15 分 ~ 30 分 ( これも色で違う ) 。滅菌、消臭、黄ばみ落としに有効です。

台所の布巾、スポンジの消毒、漂白には、2.5 リットルの水に 90 ミリリットル。黄色の場合は、最大 60 分まで。緑のだと、バケツ半分に 120 ミリリットル で 30分。バケツ半分というのが大雑把すぎるんですが。笑

衣類などの漂白には、どちらも 5 リットルに 20 ミリリットル。どちらも蓋が、15 ミリリットル分となっています。

繰り返しになりますが、絶対に他の液体と混ぜないでください !  例えば、お風呂周りの黄色っぽくなったのを Domestos で落ちないからライムスケールかな ? と、流した直後にお酢またはお酢系洗剤を使う…. みたいなことも本当に危険です。

アスパラガスさん

Cillit は、ハンガリー人に教えてもらい重宝しています。特有の匂いはありますが、蛇口など水垢がついているところに一振りするとピッカピカに

*①トイレ ( 便器 ) 洗浄剤はこだわりはなく、気分転換にいろいろ試してます。

ハンガリー人ベテランママ お鷹さん ( 60 代 ) の知恵袋

お鷹さん
お掃除の強い味方は「 Ecet ( エツェトゥ : 酢 ) 」!! ハンガリーでは、どこの家庭にも料理だけでなく、掃除にも使えるように、大きなボトルがあるはず。

Fürdőszoba ( フルドゥーソバ : 風呂場 ) や Mosdó ( モシュドー : お手洗い )、Konyha ( コニュハ : 台所 ) の掃除も、全部これ 1 本 ‼ トイレなどを除菌するときだけ、Domestos を使いますが多用はしません。

というのも、長年、ビルの清掃員として働いてきて、職場ではいろんな洗剤を使ってきましたが、やっぱり「酢」が無敵と思うからです。

最初は鼻にツーンときますが、薄めて使えばそれほど気にならず、しばらくすれば匂いも取れます。

体への負担もないですし、何より安い !  酸度 20 % ものなら、1本 300 Ft 程度 ( 約 100 円 ) ぐらいで、家計にも ◎ 。

ポットなどの底に溜まった Vízkő ( ヴィーズクー : 水垢 )も、お酢入り水で湯を沸かせば、かなりキレイになります。何度かすすげば、匂いも気にならず。

お鷹さん
ただ、食器を洗う時だけは、お酢ではなくて Szódabikarbóna ( 炭酸水素ナトリウム )、いわゆる重曹を使っています

脂をよく使うハンガリー料理後は、フライパンがギトギトなんていうのがしょっちゅう。こういったしつこい汚れは、重曹だけでは取りきれません。

そこで使っているのが、毎朝飲むコーヒーから出たかす!捨てずに干して乾かし、キープ

このかすを油汚れが気になるところにふりかけます。すると油を吸ってくれるんです。消臭効果もあり。

コーヒーかすで食器をこすっても、研磨剤のように硬くないですから、傷つく心配もなし。ただし、スポンジを使ってこするとコーヒーかすまみれになるかもしれませんから、「 拭き取る 」ようにしてください

特別なクッキングシートなどを使わずに油処理ができます。さらにその残りかすは、庭の肥料に。( 捨てるなんて、もったいないもったいない。笑 )

でも街中のアパートでは、外にまくことはできませんし、そのままシンクに流すのはよくありませんから、キッチンペーパーなどで拭き取り、生ごみで捨ててください。

昔ながらの知恵袋ですが、今でもハンガリーの一般家庭で使われていますから、日本人の皆さんもお試しあれ ♪

水回りのお掃除に、ハンガリーの便利グッズ

画像出典 : Vileda Vízkőeltávolító kendő

坂東菜穂子さんおすすめの Vileda ブランドの Vízkőeltávolító kendő ( 石灰除去布巾 )

使い方は、簡単。まず、乾いた布巾を水に浸します。

その布には表裏があり、表には星のマーク入り。まずは星側で水垢を拭き取り、最後に裏側で仕上げます。

化学薬品も入っておらず、使い終わったら、洗濯機で洗うだけ。蛇口やタイルなどの掃除向けで、繰り返し使えるライムスケール対策アイテムです。

坂東菜穂子さん

ALDI ( ドイツ系のディスカウントストア ) で発見しましたが、OBI ( ホームセンター ) などでも市販しているようです。

お値段は 1100 Ft ほど ( 約 360 円 )。洗面所の鏡にはねた水滴をサっと拭くのに抜群ですよ ‼

( *Ft = ハンガリーフォリント、100 Ft ≒ 33 円、2020 年 5 月中旬現在 )

家庭の硬水対策 (1) ライムスケールの予防と除去法

2018.11.28
まるり
本記事は、一部の読者の方々から寄せられた情報と当サイト管理人の調査に基づいています。特定の商品を勧めるもの、逆に勧めないものでもありません。上記の洗剤以外に、こんなものおすすめですよといった情報提供はいつでも大歓迎です。その際は、追記しますので、写真付きでお知らせいただけますと幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

武田友里

日本ハンガリーメディアート在籍の撮影コーディネーター ( Production Coordinator ) です。神戸大学を卒業後、映画などのロケ地として人気になっているブダペストの大学院でメディアの世界に飛び込みました。現在は、マルチリンガルを活かして、ハンガリーを拠点に中欧・東欧諸国での取材・撮影で走り回っています。