痛い口内炎に、お助け薬

できてしまいました、口内炎が。慌ただしくて寝不足が続くと、決まって小さな白っぽいモノが口の中に現れます。せっかくの美味しいご飯もしみるし、喋るのも億劫に。痛みを緩和し、早く治るのを手助けする市販薬や天然パワー、また NG 食品などご紹介します。

国産消毒薬でブクブクうがい

口内炎 ( Afta / アフタ * ) は通常、1 ~ 2 週間で自然に治るとされます。でも、その間、痛いのは気になりますし、気分も下降気味。早く治ってくれるに越したことはありません。ポイントは、口の中をなるべく清潔に保つこと。

( * 口内炎にはいくつか種類がありますが、ここでは最も一般的なアフタ性口内炎を扱います。口の中を噛んて傷ができたり、免疫力低下が主な原因です。)

私が使っているのは、Glycosept ( グリコセプト ) 。家庭医に勧められたのがきっかけでした。処方箋なしで薬局で買える消毒液で、Wagner-Pharmaというハンガリーの会社が製造しています。

Photo by Ako

服用するには、100 ml の水に 40 滴たらして溶かし、口をゆすぎます ( ゆすいだ後は飲み込まないで、出してください!)

もしくは、綿棒などにたらして、患部に直接塗布。3 歳以下の子どもは口ゆすぎがうまくいかないことが多いので、直接塗布が勧められています。妊娠中の方は、医師のアドバイスを受けてください。

Glycosept の主な成分

・アクリフラビニウム塩化物 → 局所消毒薬の1つ
・レボメントール ( Lメントール )  → メンソール着香料、消炎剤 ( 食品でも使われています。)
・レゾルシノール ( レゾルシン )  → 殺菌消毒成分

見た目は黄色蛍光ペンのようですが、苦い、不味いということはありません。味は、マウスウォッシュ ( 洗口液 ) に近いです。メントールは、マウスウォッシュでもよく使われるからかもしれません。

これで一日数回、口をゆすぐと治りが早くなる、、、というのは私も実感しているところです。Glycosept は口内炎以外の口腔内、喉の炎症にも使用可。1 本 30 ml で、価格は 2000 Ft 前後 ( 約 800 円 ) になっています。

プルンとした塗り薬

今回は、違うものも試してみようと薬局で尋ねたところ、まず出されたのは Anaftin ( アナフティン ) というジェルでした。患部に直接塗ります。こちらは、Berlin-Chemie というドイツの会社が製造。処方箋は必要ありません。

Photo by Ako

Anaftin の主な成分

・ポリビニールピロリドン ( P. V. P.)
・ヒアルロン酸
→ 患部に直接塗ると、この 2 つが薄い膜をつくる。
・アロエベラ → 保水能力の高いヒアルロン酸とともに、自然治癒を助ける。
* ステロイドは入っていません。

以前、私が日本で使っていたジェルタイプは、半透明でザラザラ、ネバネバしていましたが、こちらは透明でなめらか。最近、コラーゲンと同じような潤い成分として注目されている、ヒアルロン酸のためかもしれません。プルンと口内炎を覆ってくれます。

味についても不快感はなし。炎症部分が他との接触をブロックするので、痛みも和らぐことに。もっと早く試せばよかった!と思ったほどです。

ただ難点は、 2400 Ft ( 1000 円近く) もすること。箱を開けて、その小ささに驚いてしまいました。説明書で確認したら、たった 8 ml でした!

服用方法

– 1 ~2 粒を患部につけし、完全に覆うようにする。( チューブの先端は患部に直接つけないように注意。私は綿棒でつけています。)
– その後、膜がきちんと定着するまで、2 分は舌で触らないように。
– 効果を最大にするためには、できれば塗布後 1 時間は飲食を避けること。
– 1 日 3 ~ 4 回
– 家族内での細菌感染を避けるため、使いまわしはしない
– 子ども服用に関しては特に注意書きなし。妊娠中の場合は、医師のアドバイスを受けてください。

天然パワー

今回、いろいろと調べていた際、ハンガリーのサイトで口内炎に効果のあるハーブなど天然モノについて言及しているのを見つけました。

挙げられていたのはカモミール  ( kamilla )、セージ ( zsálya ) のお茶。どちらも、抗炎症効果、鎮静効果、抗菌効果が期待できます。これで口をゆすぐと良いとのこと。また、エキナセア ( echinacea、kasvirág )は、ウィルスへの抵抗力、免疫力を高め、炎症を抑える効能があるとされています。

ハンガリーでハーブ選びに役立つ日本語情報

2018.02.21

さらにプロポリスもお勧めとのこと。抗菌作用がある上に、炎症部分を覆うことができます。はちみつについては、改善した/悪化した、の両方があり議論になっているようです。悪化する一つの要因は、製品によっては、水あめが添加されるなど純度が低く、糖分が細菌を逆に繁殖させてしまうからとされます。

当ブログのもう一人の管理人 友里さんは、義理のお母さんにアロエ液が良い、とお裾分けしてもらったそう。「 医者いらず 」で知られるアロエは、Anaftin の成分にもなっています。

口内炎のときの NG 食品

最後に、口内炎のときに食べない方が良いものについて。ヒリヒリして痛いだけでなく、炎症が悪化し、治るのが遅くなる可能性もあるからです。

口内炎の場合、避けるべき食品
・辛いもの ( 辛いパプリカは厳禁!)
・酸が強いもの ( 酢、柑橘系果物など )
・塩分が多いもの ( 塩がまぶしてあるナッツ類、ポップコーンなども含まれます。)
その他、熱いものも勧められていません。

口内炎の予防法
✓ 口内環境を清潔に。
✓ バランスの取れた栄養と十分な睡眠。特にビタミン B 群が良いそうです。
✓ ストレスをためないように。
✓ 口の中の乾燥を防ぐ。乾くと粘膜の免疫力が低下します。こまめに水分補給を。

*2 週間経っても口内炎が治らない時は、他の病気であることも考えられます。医師の診察を受けることをお勧めします。

ハンガリー暮らしの健康手帖では、読者の皆様の体験談をお待ちしております!自分の経験が誰かにとって価値ある情報になるかもしれません。海外暮らしに役立つ知恵をぜひ当ブログお問合せからご投稿ください☆

ABOUTこの記事をかいた人

鷲尾亜子

1997年よりハンガリー在住。日本とハンガリーでの新聞記者の経験を活かし、現在、Twitter では「 ハンガリーのニュース 」、また政治経済ニュースレター「 ハンガリー経済情報 」( 有料 ) を配信中。