おなかを壊したときの食べ物

おなかを壊してしまった時、日本であれば、まずはおかゆを思い浮かべるでしょう。ハンガリー人の皆さんは、何を食べているのでしょうか ?  最もポピュラーなもの、そしてちょっと変わり種をご紹介します。

よく勧められるもの

なんと言っても、főtt krumpli / フートクルンプリ茹でたじゃがいもではないでしょうか。

ハンガリーの家庭は、本当によくジャガイモをよく買います。当地ではそれほど大事な主食。赤ちゃんの離乳食でも常連食材の一つです。( その際はピューレにします。 )

Photo by Ako

ジャガイモは皮付きのまま丸ごと茹で、その後に皮をむいてフォークなどでつぶすことが多いです。( 茹でる際、塩を加えることも )

もう一つの大事な主食

ハンガリーではパンも大事な主食。おなかに負担をかけないものとして、茹でたジャガイモ同様によく勧められます。

ですが、必ず「トーストして!」と言われます。

焼くと、消化しやすくなるためだそうです。

トースト用食パン ( toast kenyér / トースト ケニェール ) はかなりこぶり。Photo by Ako

日本のふわふわな食パンに慣れていると、ハンガリーのものはカサカサして、あまり味がないように思うかもしれません。

もちろん、トースト用の四角いパンでなければいけないということはなく、白いパンなら大丈夫です。

一番安心なのは zsemle / ジェムレ ( 丸パン ) 。材料は、小麦粉、イースト、水がほとんど。塩、砂糖、油は含まれていても極わずかです。そのため、むしろこちらの方が、日持ちのする ( = 保存料入り ) の袋入り食パンよりも良いと思うほど。

なお、当地ではジェムレと等しくメジャーな三日月形の kifli / キフリには、牛乳が使われていますのでご注意を。

スーパーではいつも山積みに。左が zsemle / ジェムレ、右が kifli / キフリ。Photo by Ako

二度焼き
ハンガリーを含むヨーロッパには ” kétszersült ( 二度焼きパン ) “というのがあり、こちらもよく勧められます。日本では一般的に「 ラスク 」と呼ばれますが、甘いアイシングなどはなしです。

ちょっと変わり種 -ユダヤ人の古代パン

ハンガリーではもう一つ、一部の人には根強い支持を得ているものがあります。

それは macesz / マツェス ( もしくは、pászka / パースカ )

パンと言うよりクラッカー。ですが、お店では菓子類ではなくパンの棚近くに置いてあります。箱入り。 Photo by Ako

マツェスは、ユダヤ人の最古のパンとして知られています。出エジプト記によれば、ユダヤ人がエジプトから脱出するとき、パンを発酵させ膨らませる時間がなく、イースト ( 酵母 ) を入れずに粉と水だけで作ったのが始まりとか。

以来、伝統的なマツェスは今でも粉と水のみ。塩、砂糖、油、保存料などは一切入っていません。

味は果てしなくプレーン。まさに、小麦粉だけ焼くとこうなるんだろうな、と言う感じです ( 笑 )  でもよく噛んでいると、どこか優しい味わいです。

成分欄には、búzaliszt ( 小麦粉 ) と víz ( 水 ) しか書いてありません。Photo by Ako

考え方は同じ

以上、ハンガリーで胃腸が弱っているときによく勧められるものを紹介しました。

日本の「おかゆ」のようなものを作る習慣はありませんが、考え方は同じです。

お肉などではなく、じゃがいもや小麦など消化しやすい炭水化物にすること。また、生よりは茹でること。その他、避けるべきものも同じです。おなかに負担をかけず、かつ、栄養滋養になるものを選んで、快復につながりますように。

これらは避けましょう !

– 繊維の多いもの
– スパイスなど刺激の強いもの
– 油、脂っこいもの
– 冷たいもの

腹痛時に役立つ黒いアイテム

2018.06.01

お薬 いろは

2018.02.23
ここでご紹介した食べ物は、ひどい下痢や嘔吐が一段落してからのものです。また、食べ物の他にも水分も十分とるようにしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

鷲尾亜子

1997年よりハンガリー在住。日本とハンガリーでの新聞記者の経験を活かし、現在、Twitter では「 ハンガリーのニュース 」、また政治経済ニュースレター「 ハンガリー経済情報 」( 有料 ) を配信中。