布類の気になるニオイや汚れ、これですっきり!

洋服などの「 消臭 」、そしてついでに「 除菌 」もできるスプレーはハンガリーにもあるのでしょうか? 当サイトが以前行った在住者アンケートでは、日本から持参していると答えた方々がいました。中身は液体のため、日本から持って来るのは重いですよね。

そこで、当地で似たような製品がないか探してみました。そして、布製品の汚れを落としてくれる便利アイテムについても調査。

その結果、ありました!これらがあれば、日本製品がなくてもなんとかなりそうです。最後には昔ながらの知恵袋についてもご紹介します。

日本から持ってきておきたいランキング

2020.06.24

シュシュッとするだけ、殺菌 & 脱臭スプレー

Textilillatosító Spray ( 布用香りスプレー ) など布用をはじめ、お部屋やお手洗い、車内で使える消臭製品などは多様にあります。しかし、それらは殺菌効果を謳っていません。

いざ探してみると、日本で一般的なスプレーを吹きかけるだけで簡単に布製品の「 消臭 & 除菌 」 ができるものは、ここでは珍しいようです。

いくつかのドラッグストアで店員さんに聞きながら、カーペットやソファー、カーテンなどを消臭&除菌できるスプレーを探してみました。そして、つい最近、ようやくお目当ての 1 本を発見 !

Photo by Yuri

見つけたのは、スペイン発の SANYTOL が販売している布用 Fertőtlenítő Szagtalanító Spray  ( 殺菌脱臭スプレー )。このブランドは、手の消毒用から洗濯洗剤など、様々な消毒系製品を専門に扱っています

Klórmentes ( 塩素フリー ) で、衣類についてしまったタバコやペットなどの気になる臭いや雑菌も 5 分程度でスピード除去。お値段も 1500 Ft 程度 ( 520 円少々 ) とお手頃です。

優しい花の香り付きですが、きつくはありません。何の花なのか明記していませんが、パッケージの絵と匂いから推測すると木蓮 ( モクレン ) のよう。

日本の除菌消臭スプレーと使用感が似ているので使いやすいです。

使用方法
約 30 cm の距離から布にクリーナーをスプレー ( 布が湿るように ) 。屋外など、なるべく通気性のよい場所で乾燥させてください。頑固な臭いは、定期的に繰り返してスプレーすること。シミにはなりません。

皮革、模造皮革、絹には使用しないように。繊細な布地については、表面の見えにくい部分で製品を試してください。

食品や飲料、火から離して使用しましょう。また、直射日光を避けて保管してください。

衣類を着たままスプレーしないように。万が一、皮膚に炎症が見られる場合は、直ちに使用を止めてください。

また、眼や口に入らないように気を付ける必要があります。マスクをつけて使用することをおすすめします。

Photo by Yuri

その他、スプレー缶タイプで、カーテンなどの室内装飾生地だけでなく、お部屋の空気をキレイにできるものも。こちらは、 hegyi illatú ( 山の香り ) や  mentolos illatú ( ミントの香り ) もあります。

右 : 洗濯用消毒洗剤 / 左 : 靴の消毒消臭スプレー Photo by Yuri

泡で汚れを徹底除去

Vanish からは、Szőnyeg És Kárpittisztító Spray ( カーペット & 椅子張り用の布地スプレー) や Por ( パウダー ) タイプなどが出ています。赤ワインや紅茶、コーヒー、ペットによる頑固な汚れを落とします。

スプレーの使用方法
  1. カーペットやソファーに何かをこぼしてしまったら、まずは、それを拭き取る
  2. そこにスプレーを吹き付け、5 分程置いておく
  3. スプレーしたところを汚れていない布か何かで拭き取る
  4. 乾いたら、掃除機をかける

皮や絹製品には使用できません。掃除機をかけるときは、マスクをつけるなどして、粉塵を吸い込まないようにしてください。

他の製品と混ぜると危険です。敏感肌の方は、使用の際はゴム手袋の着用をお勧めします。

スプレータイプの価格は、 2000 Ft 前後 ( 700 円程度 ) です。

ひと手間かかりますが、布地についた汚れを徹底的に取ることができます。

同じような手順でお掃除できるグッズは、

  • Vix Szőnyeg- És Kárpittisztító Aerosol
  • Domol Szőnyeg És Kárpit Ápolószer ( Rossmann )
  • Denkmit Szőnyeg és kárpittisztító ( dm )

など、各ドラッグストアで数種類売られています。

昔ながらのシミぬき

https://youtu.be/aJcu0mx9JN4?t=55

用意するのは

  • 重曹 ( Szódabikarbóna )
  • レモン ( Citrom ) もしくはお酢 ( Ecet )

重曹にレモン、もしくはお酢を足します。( 動画参照 ) 映像内では、レモンの代わりに白ワインでも良いと言っていますが、レモンやお酢を使うのが一般的なようです。

重曹がレモンやお酢の酸を中和し、その反応で炭酸ガスが発生します。それを刷毛 ( はけ ) で、汚れている箇所に塗り、乾かします。そして最後に掃除機をかけて完了です。

※ 動画内では、コーラ、コーヒー、トマトソース、油、赤ワインをソファーにかけ、そのシミの落ち具合がわかります。

先輩方に聞きたい!おうちのお掃除洗剤 ーお部屋編ー

2020.05.29

( *Ft = ハンガリーフォリント、100 Ft ≒ 35 円、2020 年 9 月上旬現在 )


ABOUTこの記事をかいた人

武田友里

日本ハンガリーメディアート在籍の撮影コーディネーター ( Production Coordinator ) です。神戸大学を卒業後、映画などのロケ地として人気になっているブダペストの大学院でメディアの世界に飛び込みました。現在は、マルチリンガルを活かして、ハンガリーを拠点に中欧・東欧諸国での取材・撮影で走り回っています。