無料回収!ハンガリーの粗大ごみ事情

海外生活のゴミ出しルール、今回は粗大ゴミ編です。ハンガリーでは、1 年に 1 回は無料で処分してもらえます。ここでは、「 いつ、どこで、どんなものを 」出してよいのか、現地事情をまとめました。

粗大ゴミはいつどこに出せばいい??

ブダペスト 7 区、リスト音楽院教育棟がある Wesselényi utca にて Photo by Yuri

ハンガリーのごみ出しルール記事の第 1 回では家庭から日常的に出すごみ、第 2 回では空き瓶など資源ごみについて扱いました。では、このどれにも当てはまらない家具や布団など ❝大きなゴミ❞「 粗大ごみ 」はいつ、どこに出せばよいのでしょうか ?

粗大ごみ収集は、日本では有料・申込制が基本。ですが、ハンガリーでは、なんとに一度、無料で回収 ‼ 

当地では、この粗大ゴミ収集を Lomtalanítás ( ロムタラニーターシュ ) と呼びます。

この日が来ると、あの美しいブダペストは、驚きの光景に。街中の至るところで、無秩序に大型の品々が積まれています。

実は、不用品の置き場所は指定されているわけではありません。最初にその道路で出した人が、そのポイントを決めると言ってもいいでしょう。

ただ、収集日についてはもちろん決まっています。ブダペスト市であれば、各区で異なります。

( ブダペスト以外の自治体では、特に粗大ごみの日を設けていないところもあります。自分でごみ収集会社に連絡した場合、1 年に 1 度は無料で回収してもらえるというシステムのところもあります。)

ブダペスト、各区の収集予定日

FKF & 各区の公式ホームページより  Lomtalanítás 日程 表 by Yuri

毎年同じような時期にありますので、ご自宅のある建物や区の掲示板をお見逃しなく。

そうはいっても、ロムタラニーターシュ情報は、ハンガリー語しかありません。

当サイトでは、2020 年に新スケジュールを日本語で掲載予定です。ブダペスト市内限定となりますが、ぜひご活用ください。

指定日以外の対応について

FKF Nonprofit Zrt. * 公式ホームページ:https://www.fkf.hu/

* Fővárosi Közterület-fenntartó Zártkörűen Működő Nonprofit Részvénytársaság の略

上表の期間以外で収集を希望する場合は、有料で書面 ( 手紙、FAX、E-mail ) にてブダペスト公益事業会社 FKF に申し込みできます。料金表は、こちらから

メール : kfzrt@fkf.hu
電話:+36 80 353 353

2 つのルール

「 粗大ごみの日 」は、雑然としているように見えますが、2つほど、大切なルールがあります。

まずは、ゴミ出しのタイミング。指定日の前日、夜 6 時以降のみ

旅行だから、用事があるからと、規則を破って出している方もいます。勝手な行為は、ご近所や通行人に大迷惑。在留邦人の皆さんも、引き続き、規則を守ってくださいね。

もう一つは、出してはいけないものがあること。それは下記の通りです。

画像出典 : FKF Nonprofit Zrt.

  1. 生ごみなどの家庭ごみ ( ここをクリック )
  2. 産業や農業、サービス業から生じた廃棄物
  3. 危険あるいは特別な処理が必要な廃棄物、スプレー等 ( ここをクリック )
  4. 建材 ( ペンキなどの建材塗料やセメントなども含む )
  5. タイヤ
  6. 枝・葉・草のゴミ
  7. 炭塵、灰、土
  8. ガラスや紙、プラスチック、金属廃棄物 ( ここをクリック )
  9. 薬類
  10. バッテリー、乾電池
  11. 電球、蛍光灯
  12. 家電製品
建材やタイヤなど
一部の Hulladékudvar ( ごみ集積所 ) で回収しています。詳細は、過去記事でご確認ください。

ごみ出しルール ( 空き瓶その他リサイクル用 )

2019.09.27
薬類
お薬は、普通ごみで捨てられがちですが、本来は別回収のモノ。

近くの薬局 ( gyógyszertár 、Patika ) カウンターで頼むと捨てられます。専用ボックスを置いているところもあるようです。

ただ、中には引き取ってくれない所もありました。そこで確認すると、Háziorvosi rendelő ( 家庭医診療所 ) で処理してくれるとのこと。

薬剤のゴミは、薬局か家庭医の診療所へもっていかれるのがよいでしょう。

電球やバッテリー、家電
建材やタイヤと同様に、Hulladékudvar で回収しています。

その他、電球やバッテリーなどは、電気屋さんやスーパーマーケットの中に回収ボックスを設けています。

Oktogon ( オクトゴン ) にある SPAR の電化製品回収ボックス Photo by Yuri

Penny Market の電球&電池改修ボックス Photo by Yuri

家電量販店の Media Markt では、出入口にあるカウンターに持ち込めば OK。ノートパソコンやドライヤーなど、受付で手渡せるサイズの製品は、無料で引き取ってくれます。

まだ使えるものは、リユースに

まだ使える家具やおもちゃ、スポーツ用品、本などは、FKF が運営する「リサイクルセンター ( Újrahasználati Központ、SZÚK)」へ持ち込み可能です。

ブダペスト15 区 Károlyi Sándor utca 166
ブダペスト18 区 Besence utca 1/A

* 2 か所とも、Hulladékudvar ( ごみ集積所 ) が併設されています。
原則、月~土は、朝 8 時から夜 8 時まで。日曜日、祝日はお休みです。

その他、慈善団体 Magyar Máltai Szeretetszolgálat も、不用となったおもちゃ、衣類、家具、電化製品などを回収しています。

集められた中古品は、これらを必要とする人々の元に届けられます。


ハンガリー暮らしの健康手帖では、読者の皆様の体験談をお待ちしております!自分の経験が誰かにとって価値ある情報になるかもしれません。海外暮らしに役立つ知恵をぜひ当サイトお問合せからご投稿ください☆

ABOUTこの記事をかいた人

武田友里

2015年からブダペスト在住のアラサーです。神戸大学を卒業後、映画などのロケ地として人気になっているブダペストの大学院でメディアの世界に飛び込みました。現在は、マルチリンガルを活かして、ハンガリーを拠点に中欧・東欧諸国での取材・撮影をアレンジするコーディネーターです。