ごみ出しルール ( 空き瓶その他リサイクル用 )

ゴミ出しルール第 2 回です。前回の基本編では、集合住宅などで緑 ( 普通ごみ ) ・ 青 ( 紙類 ) ・ 黄色 ( プラ・缶類 ) の 3 つに分けて出す方法をご紹介しました。今回はそのどれにも当てはまらないもののうち、空き瓶やその他のリサイクル用ごみについての情報をお届けします。

ハンガリーのごみ出しルール ( 基本編 )

2019.09.25

街角の分別収集コーナー

Photo by Yuri

ブダペスト市内 ( * ) には、Szelektív gyűjtősziget ( セレクティーヴ・ジュィトゥースィゲト ) と言う、資源物の分別収集コーナーがたくさんあります。

( 自治体により異なるため、ここではブダペスト市の例を挙げています。 )

その数、合計 200 以上! ゴミ収集車が家庭から回収しない資源ごみは、ここへ持っていきましょう。( ガラス瓶は日本と同様、資源物扱いのため、「普通ごみ」に入れないようにしてください! )

これらの分別収集コーナーには、大きなコンテナが設置されており、資源ごみ別に色分けされています。

出典: FKF 表 by Ako

== 資源ごみに関する参考情報 ==

◎ 紙類およびプラ類・缶類は、分別収集コーナーか家庭用ごみボックスか、どちらでも構いません。入れてよいもの、いけないもののルールは同じです。

◎ 場所により、プラ類と缶類コンテナが一緒のところがあります。

◎ 場所により、全種類のコンテナが揃っているところと、瓶限定のところがあります。

収集コーナーの場所は、下の地図でご確認ください。
黄色のピンは全種類のコンテナ設置場所。のピンは瓶コンテナのみです。


FKF official map : 公式サイトでは、 所在リストも確認できます。2019 年 8 月 22 日現在 ≫

スーパーでも空き瓶回収

Oktogon ( オクトゴン ) にある SPAR 内の回収ボックス Photo by Yuri

空き瓶などの回収ボックスは、一部のスーパーマーケットでも備えています。近所に分別収集場コーナーがない場合は、スーパーもぜひチェックしてみてください。

スーパーの回収ボックスでは、瓶は色付き、色なしで分けず、一緒になっているところが多いようです。

全部捨てる前に確認!

アルコール飲料の瓶は、購入したお店で返せば、瓶代が戻ってくるものもあります。

ビールはメーカーによりルールが異なりますが、例えば、500 ml の Dreher ( ドレヘル ) は、1 瓶あたり 25 Ft 。実質、10 本飲めば、 1 本無料ぐらいになります。

ワインは、ラベルのどこかに Betétdíjas termék ( 返金できる製品 ) と書いてあれば、お店に戻せます。

瓶代が戻ってくるビールとワイン瓶。 Photo by Yuri

ごみ集積所

ブダペスト市には、その他にも資源ごみを持ち込める場所があります。それは、Hulladékudvar ( フッラデークウドヴァル ) と言う、分別収集コーナーよりも規模の大きい集積所です。

画像出典 : FKF Nonprofit Zrt.

市内には 17 か所あります。( ブダペスト市公益事業会社 FKF の公式サイトでは、各所の所在地や営業時間が確認できます。)

 

なお、ごみ集積所では資源物の他にも、次のものも受け付けています。

すべての集積所
✓ 使用済み調理用油
✓ 家電、通信機器
✓ 乾電池
✓ 蛍光管、電球
✓ ゲーム機器
✓ 電動工具
など

一部の集積所のみ
✓ 塗料
✓ 車のタイヤ
✓ 建材
✓ 危険物質を含む洗剤
など

*日本語を勉強するハンガリー人エニ ( Eni ) さんが、ゴミの問題について包括的にまとめたサイトがあります。
その中の「 ハンガリーでできること 」では、資源物回収を含め、多くの有益な情報がたくさん! ぜひご参考にしてみてください。

*ブダペスト市公益事業会社 FKF によるゴミ分別に関する詳しい情報は、こちらをクリックしてください。 ( ハンガリー語のみ )


ハンガリー暮らしの健康手帖では、読者の皆様の体験談をお待ちしております!自分の経験が誰かにとって価値ある情報になるかもしれません。海外暮らしに役立つ知恵をぜひ当サイトお問合せからご投稿ください☆

ABOUTこの記事をかいた人

鷲尾亜子

1997年よりハンガリー在住。日本とハンガリーでの新聞記者の経験を活かし、現在、Twitter では「 ハンガリーのニュース 」、また政治経済ニュースレター「 ハンガリー経済情報 」( 有料 ) を配信中。