TAG ハンガリーハーブ

暮らし情報

用語『 スパイス 』

お料理は、香辛料を少し足しただけで、味のハーモニーが一気に豊かになることがあります。ハンガリー料理では、パプリカ粉が欠かせないのは当然のこと、クミンやパセリ、ディルなども頻繁に登場。ただ、スパイス類のハンガリー語は、英語からほとんど想像がつかず、覚えるのも一苦労。今回は、そんなときのための用語集です。

お薬 & お役立ちグッズ

のどを守る、昔ながらのペメテフー

花粉の時期や季節の変わり目は、体調管理に気を付けていても、咳が出たり、何だかのどもイガイガします。ここでは、そんな時に携帯できる、ハンガリー産のどケアグッズをご紹介。この国で育った数種類のハーブを使い、昔ながらのレシピで作ったのど飴と美声を守るアイテムをお届けします。

体験談

自家製ハーブシロップで美味しく健康に

5 月 ~ 6 月に咲く小さな白い花 bodzavirág ( ボッザヴィラーグ ) 。ハンガリーではこの時期、ボッザヴィラーグを使ったシロップを手作りをするご家庭も。炭酸水で割ったり、レモネードに入れると抜群に美味しく、夏のドリンクとしても人気があります。今回は、ボッザヴィラーグの自家製シロップの作り方とその健康効果をご紹介します。

お薬 & お役立ちグッズ

長引く咳にハーブのちから

風邪やアレルギー、様々な要因で引き起こる咳。室内外の温度差やたばこの煙、ホコリや花粉でも発作的に咳き込んでしまうこともあります。ここでは、そんな時に役立つハンガリー家庭の知恵袋がテーマです。長引く咳に用いるハーブ、外出時に役立つグッズをご紹介します。最後には、秘宝ハーブの知っトク情報もお届けしています。

ドラッグストア情報

火傷、あかぎれ、肌荒れに

乾燥による肌荒れ、水仕事による手のあかぎれなど、肌のお悩みをお持ちの方は多いはず。今回は、炎症を起こした皮膚に使える塗り薬をご紹介していきます。そこで登場するのは、ハンガリーでは昔ながらの万能薬。その正体は、日本でも庭先や花屋さんでよく見かけるあのお花です。当地では、ハーブティとしても活用される人気の植物。最後には、飲用したときの効能も合わせてお届けしています。

体験談

悪魔と天使のギザギザ葉っぱ

ハンガリーの自宅の庭でせっせと草取りをしていた時のことです。見知らぬギザギザ葉っぱがたくさん。これは引き抜かないと ! と、かき分け入ったところ、、、蕁麻疹のように脚が腫れあがってしまいました。犯人は、「 チャラーン ( Csalán ) 」と呼ばれる草。でも、素晴らしい効能を備えていることも後で知りました。チャラーンの「 悪魔 」と「 天使 」の両面、併せてお伝えします。