ハンガリー・コロナ情報 9  接触把握のアプリ始動

ハンガリー政府は、近距離無線技術 ブルートゥース ( Bluetooth ) を利用した、新型コロナウィルス感染者との接触追跡が可能になるスマートフォンアプリの無料配信を開始しました。外出制限措置解除にあたり、感染拡大防止に役立てるのが目的です。

ここでは、インストールからその使い方まで、注意事項を含めて、詳しく解説しています。

VírusRadar とは

VírusRadar ( ヴィールシュラダル ) *は、COVID-19 ( 新型コロナウイルス ) 感染の広がりを追うためのモバイルアプリケーションです。

* Radar ( ラダル ) は、ハンガリー語でレーダーの意味。

ハンガリー革新技術省 ( ITM ) と民間企業が協働で運用しています。

ダウンロードは義務ではなく、あくまでも任意。また、感染者が自分のデータを送るのも任意です。

情報は匿名化され特定できなくなるため、個人情報は守られると説明しています。

この取り組みは「 感染者が、過去 2 週間に誰と濃厚接触があったか ( 2 m 以内の距離で 20 分以上を過ごしたか )  」を追跡するためのものです。

収集されたデータに基づき、ユーザーが、別の感染者ユーザーと濃厚接触があった場合は、通知が届きます。その際、誰が感染者なのかについて、名前などの詳細は一切明らかにされません

通知では、濃厚接触の可能性以外に、ユーザーが何をすればよいのか ( 健康状態の経過観察、自宅隔離など ) が案内されるとのこと。

しかし、2020 年 5 月 13 日にスタートしたばかり。実際にどのようなアドバイスが届くのかは不明です。

このシステムに実効性を持たせるには、感染者、未感染者の両方でより多くの方に利用してもらうことが必要です。また、感染している疑いのある方も自主的にアプリに登録することも求められます。

サービスが始まってから、約 1 週間。ユーザー数は 1 万人を超えているようですが、把握できているのはまだほんの一部の状況だけ。( ハンガリーの人口は 980 万人弱。そのうち、革新技術省によるとスマホ保有者は 550 万人 )

これからどのように発展していくのか、要注目です。

ダウンロードと使い方

国内のハンガリー人向けのため、ハンガリー語のみ。残念ながら、英語の選択肢がありません。

なので、アプリのダウンロードから使用方法まで、大事なところを日本語で説明していきます。

まずは、 VírusRadar をインストール。 Android ( アンドロイド ) を使っている方は、Google Play ( ここをクリック ) へ。インストールと利用は無料です

5 月 19 日時点では iOS でのサービスはありませんが、追って開始するそうです。

アクティベートする前に、アプリの利用方法などの説明スライドがいくつか続きます。先に説明したようなデータの使用目的やどのように個人情報を扱うかといった内容です。

ここでのキーポイントは、ブルートゥース ( Bluetooth  ) を使うこと。アプリを起動する上で重要なので、スマホの設定自体も ON にしてください。

上記の内容に同意する場合は、「 HOZZÁJÁRULOK 」ボタンをクリック。

次は、電話番号の登録です。当アプリでは、手動入力する個人情報は電話番号のみ

SMS ( ショートメッセージサービス ) で、アプリをアクティベートするために 4 桁のコードが送られてきます。こちらを所定欄に打ち込み、「 ELKÜLD 」を押せば完了です。

ユーザーが Bluetooth に接続することで、データを収集。そのため、利用時は常に Bluetooth をオンにしておかなければなりません。切れば、アプリも動きません。

Helymeghatározás ( 地理位置情報 ) を付ける、いわゆる GPS 機能を使うこともありますが、これは利用者がどこにいるかを追うためのものではありません。

位置情報はオフにしていてもデータ収集的には問題ないようですが、他のユーザーが近くに何人いるのかを知りたい場合は必要です。

起動中は画面真ん中のボタンが緑色になります。終了したい場合は、そのボタンを長押し、赤色に変われば OK です。

利用上の注意

当サイト管理人もユーザーの一人ですが、初めて起動した際に慌てふためく事態に💦  皆さんは、下記の 2 点をご留意ください。

「 データ送信 」ボタンにご用心

メインページ下には、『 ADATOK KÜLDÉS ( データ送信 ) 』ボタンがあります。てっきり、自分の簡単プロフィールを作成できるのかと思い、押してしまいました。

実は、これを押すと「 私は感染しています 」というデータを送ることになるようです。それに気づいて慌ててキャンセルしたのですが、冷や汗がでました。

ユーザーからのアプリ評価コメントをみると、このボタンを誤って押してしまった方がたくさんいるようです。

紛らわしいのですが、感染していない ( 疑いのない ) 場合は、クリックしないようにしてくださいね。

近くにいると表示が出るのは、危険信号 ?! 

これまた混乱を招きそうな表示は、『 VírusRadar felhasználó van közel 』。 これを訳すと、当アプリのユーザーが近くにいる、となります。

どのように変化するのか、半日つけっぱなしにして身につけていたのですが、ずっとゼロ。動きがないので、本当に機能しているのか心配になりました。

利用者はいない ? ひょっとして感染者が近くにいないだけ ? とモンモンとしながら過ごしていたら、急に「 1 」の表示が !!

ドキッとしてあたりを見渡しました。すると、近くにスマホを握った夫の姿を発見。何やら見ている様子です。

近づいて覗いてみると、彼もこのアプリを起動して試しているではないですか。この「 1 」の正体は、夫だったようです。( データ送信ボタンは押していません )

この項目に数字が出ていても、それはウイルスに接近していることを指すわけではありませんので、驚かないでくださいね。


ハンガリー暮らしの健康手帖では、読者の皆様の体験談をお待ちしております!自分の経験が誰かにとって価値ある情報になるかもしれません。海外暮らしに役立つ知恵をぜひ当サイトお問合せからご投稿ください☆

ABOUTこの記事をかいた人

武田友里

日本ハンガリーメディアート在籍の撮影コーディネーター ( Production Coordinator ) です。神戸大学を卒業後、映画などのロケ地として人気になっているブダペストの大学院でメディアの世界に飛び込みました。現在は、マルチリンガルを活かして、ハンガリーを拠点に中欧・東欧諸国での取材・撮影で走り回っています。