金運アップ!! ハンガリーの縁起食

日本のみならず、世界各国にある新年を迎える験 ( ゲン ) 担ぎグルメ。ハンガリーの人たちは、どのようなものを食べ、未来に何を願うのでしょうか。この国の縁起物をご紹介します。

レンズ豆でお金にご縁を

レンズ豆 ( Lencse / レンチェ )  Photo by Yuri

ハンガリーの大晦日( Szilveszter ) & 元旦 ( Újév ) 定番の食べ物といえば、『 グリーンピース ( Borsó / ボルショー)豆 ( Bab / バブ ) 、レンズ豆 ( Lencse / レンチェ ) 』。

おせち料理にも入る豆は、当地でも縁起の良い食べ物とされています。特に『 レンズ豆  』は、年越しには欠かすことのできない食材です。

まん丸な形 = 硬貨のように見える 」ことから、『 金運アップ の食べ物と考えられています

この時期になると、スーパーマーケットなどでは、山のように店頭に並びます。

スープやシチューにして食べるのが一般的。

レンズ豆料理は、美味しそうに写真を撮るのが難しいです。 Photo by Yuri

通常は、家庭で作るものなので、観光向けのレストランではあまり見かけません。

ですが、食堂では出されていることもあります。この季節にお越しの方は、地元民が通うようなお食事処をのぞいてみてくださいね。

さらに、レンズ豆料理には、もう一つの大事な験担ぎ食材を入れます。それは、ある動物のお肉。

幸運を呼ぶブタさん

貯金箱といえば、ハンガリーでもブタ! Photo by Yuri

レンズ豆料理に合わせるのは、『 子豚 ( Malac / マラツ ) 』もしくは『  豚 ( Disznó / ディスノー ) 』のお肉です。

ブタは食べるだけでなく、大晦日の飾りにも使います。カウントダウン前の街中では、子ブタのフィギュアや被り物を売っている屋台が登場。

スイーツ屋さんでは、年末年始は子ブタチョコやマジパン菓子も売っています。

ハンガリーだけはなく、ヨーロッパ諸国では、幸せを運んでくる生き物と信じられているのです。

諸説ありますが、ブタの鼻で土を穿り進む姿から、『 前向きな未来 』を指し、『 大地から幸運を掘り起こす 』とされています。

実際に当地の人たちに聞くと、幸運の訪れよりも金運アップを意識して食べている方も多数。

豚肉そのものだけでなく、加工したソーセージ ( Kolbász / コルバース* )ウインナーソーセージ ( virsli / ヴィルシュリ ) 、ハム ( Sonka / ションカ ) も人気です。年末年始に調理する手間が省けるので、助かります。

ショーケース上にはコルバース、中にはウィンナーソーセージ  Photo by Ako

* コルバースとは、ハンガリー風ソーセージ。日本人が思い浮かべるようなソーセージではなく、サラミ ( Szalámi ) のそっくりさん。ハンガリー人たちは、サラミとコルバースをその太さで区別しています。太いとサラミ、細いとコルバースだそうです。

用語 肉の部位 ( 豚肉編 )

2019.05.15

ウロコのある魚で財運 UP

超特大の魚スープ ( Halászlé / ハラースレー ) Photo by Yuri

ハンガリーには、「 幸運は魚 ( Hal / ハル ) とともに流れてしまう 」という言い伝えがあります。

実は、当地では金運を逃すともいわれる食材なのですが、近隣国では縁起物。

魚についている数えきれないほどの鱗は豊かさを表しているそう。また、小銭の形に似ていることから、お金とのご縁を願います。

それにならい、 海のない当地では、コイ ( Ponty / ポンチ )ナマズ ( Harcsa / ハルチャ ) といった淡水魚を使ったお料理を食べる方々もいます。

やはりこちらも、お金に困りませんようにと願掛け。

その他、ドル札を巻いたように見えるキャベツ ( Káposzta / カーポスタ )、最近では、日本の食文化を真似て長寿を祈るお蕎麦 ( Soba tészta / ソバ テースタ ) をいただく人もいるようです。

ハンガリーの験担ぎは、何だか『 お金 』関係が多いような気もしますが…

体も心も温まるお食事をいただいて、今年も皆さんが健やかに過ごされますように祈っております。

ブダペスト市内、近郊にある魚屋マップは、☞こちらから
≪ 参考記事 ≫
MINDMEGETTE ” 7 SZERENCSÉT HOZÓ SZILVESZTERI ÉTEL ÉS A TILTÓLISTÁS FALATOK!
MINDMEGETTE ” ÚJÉVI LENCSEFŐZELÉK

ハンガリー暮らしの健康手帖では、読者の皆様の体験談をお待ちしております!自分の経験が誰かにとって価値ある情報になるかもしれません。海外暮らしに役立つ知恵をぜひ当サイトお問合せからご投稿ください☆

ABOUTこの記事をかいた人

武田友里

2015年からブダペスト在住のアラサーです。神戸大学を卒業後、映画などのロケ地として人気になっているブダペストの大学院でメディアの世界に飛び込みました。現在は、マルチリンガルを活かして、ハンガリーを拠点に中欧・東欧諸国での取材・撮影をアレンジするコーディネーターです。