ハンガリーの花粉症、大敵は秋口に

スギいっぱいの日本から出れば「 花粉症からサヨナラできる! 」と思いきや、残念ながらそうは問屋が卸しません! ハンガリーにはハンガリーの花粉あり。春から秋まで様々な植物の花粉が飛んでいます。特に秋口は要注意。国民の 20 % が症状を訴えているとされる「 あの草 」が猛威を振るいます。つらい症状の緩和や予防にハンガリーでの「 花粉飛散カレンダー 」飛散状況のチェック方法市販薬をご紹介します。

「 建国記念日 」とともに始まる最悪期

ハンガリーの花粉シーズンは 3 月から 10 月くらいまで。国土は狭く、南北、高低差もあまりないため、地方による花粉の種類や飛散時期に大きな差はありません。日本と違い、スギがないのは朗報です。が、春先からはカバノキ科の樹木の花粉が飛び始めます。続いて、春から夏にかけてはイネ科の草木。そして晩夏、 8 月 20 日のハンガリーの建国記念日を迎えると、キク科の「ヨモギ」や「ブタクサ」花粉の全盛期となります。

表:ハンガリーの花粉飛散カレンダー ( 出所 : ÁNTSZ 抗原性の高い星 3 、 4 つの植物のみ抜粋 )

中でも、もっとも手強いのは「 ブタクサ 」。この国の約 20 %の人々がこの草の花粉に苦しんでいるとされます。( 出所: NEBIH )   花粉症になるのは秋のみ、という人も多いです。 筆者自身も移住してまずかかったのが、このブタクサ花粉症。喘息のような咳に鼻水、目は真っ赤、、、とスギ花粉よりもひどい状況。一方で、春にアレルギー症状が出たのは約 10 年後。現在も春の症状は、秋ほどひどくはありません。

ブタクサは抗原性がきわめて強い草。繁殖力も半端なく、ハンガリーでは空き地、畑の脇などに大量に生息しています。また、住宅街のちょっとした隙間にも。夏前、高さ 20 ~ 60 センチ程度だった草は、花穂をたくさんつける頃には大人の腰の高さほどにまで伸びます。そのため、国内では、土地所有者は毎年、 6 月末までに除去する義務があると法律で定められているほど。放置の場合は、 1.5 万 ~ 500 万 Ft ※ ( 約 6500 円 ~ 215 万円 )の罰金の対象になります。それでも、残念ながら、依然として非常に多いのが現状です。

※ Ft … ハンガリー現地通貨フォリント

飛散状況をチェック

花粉の飛散状況を確認するには、以下のサイトが便利です。

全国気象サービス ( OMSZ )
公衆衛生・医療サービス組織 ( ÁNTSZ )

その他にもありますが、これら 2 つはいずれも国の組織になっています。

下の画像は、OMSZ から。そのシーズンの樹木または草木を選択すると、顔が出てきて症状の度合いの目安を教えてくれます。 ÁNTSZ のサイトでも同様のマップがある他、夏の終わりからはブタクサ専用の項目も登場します。

3 月 28 日、ハンノキ ( Éger ) で調べてみました。まだそれほど飛んでいません。

花粉が多く飛び、「 顔マーク 」が赤や紫になっているときは、外に長時間いるのはなるべく控えましょう。また、帰宅したら洋服から花粉をはらう、髪は就寝前にしっかり洗う、などもよく勧められています。ただ、それでも、アレルギー症状が強く出る人にとっては、家の中にいてもつらいもの。症状緩和のための市販薬を、次にご紹介します。

処方箋なしで買える薬

いずれも 1 日 1 錠。アレグラ錠剤 ( 左手前 ) は、かなり大きい。

筆者の場合、今年 ( 2018年 ) は 3 月半ばからくしゃみが出始めました。いつも服用しているのは、日本でもお馴染みの Allegra ( アレグラ ) 。そのうち、抗ヒスタミン成分「 フェキソフェナジン塩酸塩 」の含有量が最も多い ” Forte ” を選んでいます。ハンガリーのアレグラは、日本の「 アレグラFX 」とはフェキソフェナジン塩酸塩の含有量が違います。ハンガリーのは 1 錠 120 mg か 180 mg で 1 日 1 回服用。日本のは 60 mgで 1 日 2 回服用。

今回は、他も試してみようと思い、薬局で尋ねてみることに。その結果、勧められたのは、Cetirizin HEXAL (セチリジン ヘキサル )Loratadin HEXAL ( ロラタジン ヘキサル ) の 2 つでした。いずれも抗ヒスタミン剤で、くしゃみ、鼻水などを抑えます。アレグラと併せて、成分など特徴を比較してみましょう。

筆者はまずは、セチリジンを試すことに。アレグラと比べて 1 錠が小さく、飲みやすいのは ◎ 。服用開始以来、アレルギー症状もほとんど出ていません。ただ、3 月下旬には雪が降るほど冷え込んだため、そもそも花粉の量が少ないこともあるでしょう。そのため、アレグラと比較するには時期尚早。 一方で、眠くなるなどの副作用は、アレグラと同様にありませんでした。あとは、薬によって随分と値段が違うのにはびっくり!

上の3つの他、ハンガリーでは、セチリジン系では Zyrtec ( ジルテック )Revicet (レビセット ) があります。また、ロラタジン系では Claritine ( クラリチン ) 。さらにレボセチリジン系では Xyzal ( ザイザル ) 、ZILOLA ( ジオラ ) といった薬も販売されています。

花粉症の薬は、効果の出方、持続時間や、副作用の有無などで個人差があります。自分に合う最適のものが見つかると良いですね。薬局では、症状が出始める 2 週間くらい前からの服用をお勧めするとのことでした。

ABOUTこの記事をかいた人

鷲尾亜子

1997年よりハンガリー在住。日本とハンガリーでの新聞記者の経験を活かし、現在、Twitter では「 ハンガリーのニュース 」、また政治経済ニュースレター「 ハンガリー経済情報 」( 有料 ) を配信中。