製品事故から子どもを守る ( 国による検査 )

子どもが小さいときは、転倒、転落、挟み込みなど不慮の事故に遭わないように、と周りの大人はハラハラですね。子ども用に開発された製品も、常に安全と言うわけではありません。ハンガリー技術革新省 ( ITM ) は事故防止のため、定期的に安全性調査を実施しています。今回は、乗り物やハイチェアなどが対象に。3 分の 1 以上は安全上適切ではないと判断されました。

安全ではない場合、販売禁止に

調査を行っているのは、革新技術省 ( * )  の認証検査機関である ” Mechanikai és Villamos Laboratórium “ ( 機械電気試験所 ) 。同省から委託されて、3 歳以下の子どもが日常的に使う製品について調査を実施しています。

(* ハンガリー語は、Innovációs és Technológiai Minisztérium:ITM )

これまでにもベビー服、人形やぬいぐるみ、玩具、ベビーカーなどの安全性を検査してきました。

今回対象になったのは、三輪車、キックスクーター、足こぎバイクなどの乗用玩具、またハイチェア、歩行器、トラベル用ベッドの計 50 製品。( 革新技術省の発表資料はこちら )

そのうち 18 品については、次に示すように指を挟んだり、転倒の危険性が指摘されました。この結果をもとに、同省所管の消費者保護当局はこれらを流通販売禁止に。必要な場合は、リコール対象としました。

乗り物

乗用玩具については、19 製品中、5 製品が安全不十分という結果となりました。以下は、革新技術省の発表を元にまとめたものです。

この表で使用した画像は、革新技術省による詳細リストで問題を指摘された製品の一つです。具体的なリストを閲覧する場合は、この表をクリックしてください。表作成 Ako

足でこぐタイプの、バイク 、4 輪車、ゴーカートについては、8 製品検査されましたが、すべて合格でした。( ハンガリー語は、motor、quad、gokart )

ハイチェアや簡易ベットなど

28 製品のうち、半分近くは安全面から不合格でした。

この表で使用した画像は、革新技術省による詳細リストで問題を指摘された製品の一つです。具体的なリストを閲覧する場合は、この表をクリックしてください。表作成 Ako

革新技術省によるでは、各製品のブランド名、モデル名、製品番号、外見とともに、問題があったかどうかの評価が示されています。

表内のハンガリー語
– Megfelelt: 適切
– Sérülésveszély szempontjából ( közepes / nagy / súlyos ) kockázat : 怪我の観点から ( 中程度の / 大きな / 深刻な)リスク
– Fulladásveszély szempontjából ( közepes / nagy / súlyos ) kockázat : 窒息の観点から ( 中程度の / 大きな / 深刻な ) リスク

「 ハンガリー暮らしの健康手帖 」は、ハンガリー在住者、旅行者の安全と安心を一番大切にしています。情報を漏らさずいち早くキャッチするために、ぜひ TwitterFacebook もご覧ください!

ABOUTこの記事をかいた人

鷲尾亜子

1997年よりハンガリー在住。日本とハンガリーでの新聞記者の経験を活かし、現在、Twitter では「 ハンガリーのニュース 」、また政治経済ニュースレター「 ハンガリー経済情報 」( 有料 ) を配信中。