夏の日焼け、応急手当にはテイフルがいい?!

ハンガリーの食文化には Tejföl ( テイフル ) が欠かせません。『 テイフル 』とは、日本語で『 サワークリーム 』のこと。この国では、食事の必須アイテムといっていいほど、どのご家庭でも冷蔵庫に常備している食品です。今回は、ハンガリーで愛されるテイフルとその意外な使い方をご紹介します!

テイフルは料理の基本

日本にいた頃は、ケーキ作りで使う程度。レシピの材料に『 サワークリーム 』と書かれていても、わざわざ買うのもなぁ…とヨーグルトで代用することがしばしばでした。

しかし、この国に嫁いでから、自宅で家族や友人と食事をすると「 テイフルはある? 」と聞かれるように。ハンガリーでは調味料かのごとく多用するのです。

例えば、ハンガリー料理の代表、グヤーシュスープ。

レストランのグヤーシュスープ with テイフル Photo by Yuri

まるでお好み焼きにトッピングしたマヨネーズかのような存在感 ! 現地では、スプーンでどっさり入れる方もいます。

私の大好物、ハンガリー風ロールキャベツもこの通り、テイフルがけです ( 笑 )

ハンガリー風ロールキャベツ Photo by Yuri

その他、料理本を見ても材料の一つとして Tejföl ( テイフル ) がよく登場します。

肝心の味はといいますと、クリーミーでさわやかな酸味。日本のものよりやわらかく、とろりとしている感じ。料理に加えるとまろやかな味わいになります。最近は、私も食事の際に「 テイフルはある?」と聞くほど、気に入っています。

では、スーパーマーケットの様子を見てみましょう。乳製品売り場は、このような感じです。

某スーパーの一角。ヨーグルト、ケフィルなど乳製品がずらり。

乳製品コーナーの充実度がすごい! その中で、黄色で囲んでいる商品がテイフルです。しかし、一口にテイフルといっても、目の前には多種多様な製品が ( 汗 )

乳脂肪分も10% ~ 25%と異なり、選ぶのに困ってしまいました。とりあえず、ハンガリー風の可愛いパッケージに決定!太りたくないし、脂肪分も低めがいいかなと12 %のものにしました。

国旗色のデザインが愛らしいテイフル。これは 140g の小さいタイプ。大きいのは 1 kg もあります。 Photo by Yuri

ところが、ハンガリー育ちの夫いわく、美味しいテイフルの条件は、20 % 以上の脂肪分なんだとか。個々にこだわりがあるようです。笑

ここまでは、ハンガリーにお住いの方は、肌で感じていることでしょう。そんなテイフル生活に慣れてきたある日、私は次なる驚きの光景を目撃することに…。

テイフルはぬり薬 !?

Árvácska ( アールヴァーチュカ )※ 』という古いハンガリー映画を見ていた時でした。

※ Árvácska は、パンジーのハンガリー語名。そしてもう一つ、『 孤児 』という意味があります。この映画は、1976年にハンガリーで制作された貧しい孤児の物語です。日本語タイトルは、『 だれのものでもないチェレ 』。

あるシーンで、火傷を負った少女が泣きじゃくっています。それを見た養母は、台所の棚から壺を持って来たのです。そこから白いクリームを取り出し、切り裂いた布にぬっていきます。そして、それを少女の患部に当てました

私の心の中:台所から持ってきた白いクリーム…まさか?! ( 映画を巻き戻し )

養母のセリフをよくよく聞くと、「 Kis tejfölös ruha ( 小さなサワークリームの布 ) 」と言っています。その白い正体は、まぎれもなくテイフル。火傷にも使うの!?と大変驚きました。

ハンガリー人の友人たちや家族に聞いても「 皮膚の炎症にはテイフルよ! 」と口をそろえて言います。火傷だけでなく、夏に日焼けした肌にも用いる民間療法なのだそう。どうやって使うのか、尋ねると…

① やけどをしたらまず冷たい水や氷で冷やす

② 患部にサワークリームをたっぷり塗る

③ 少々臭うけれど、しばらく置いておき、水で洗い流す

とのこと。応急処置につかう家庭の知恵のようです。

日焼けした肌にぬってみました。 Photo by 夫

実際に、冷やしたテイフルはひんやりしていて気持ちよかったです。一時的に冷却するには使えるかもしれませんが、水で流したあと、臭いが多少残りました。

でも重要なのは、本当に火傷や日焼けした肌に使用して大丈夫なのか、というところですよね。

『 火傷にはテイフル 』は迷信 ?

結論から言うと、現在ではあまりおすすめされていない民間療法のようです。「テイフルをぬることで、肌の炎症が緩和される」とは、医学的に立証されていません。

“ 火傷をしたら、まず冷たい水か氷で冷やす ” ことは大事です。残念ながら、テイフルでは皮膚の炎症は治せません。症状が思わしくない場合は、病院へ行ってくださいね。

ワンポイント☆ハンガリー語

火による火傷 … égés ( エーゲーシュ )
火傷する ( 動詞 ) … megéget ( メグエーゲト )
日焼け ( 英語 : Suntan ) … lebarnulás ( レバルヌラーシュ )
痛みを伴う日焼け ( 英語 : Sunburn ) … leégés ( レエーゲーシュ )
紫外線 UV … UV sugárzás ( ウーヴェー シュガールザーシュ )
日焼け止め … napolaj ( ナップオライ )、naptej ( ナップテイ )
日焼けする ( 動詞 ) … lebarnul ( レバルヌル )
ハンガリーの食卓でよく登場する乳製品

牛乳 … Tej ( テイ )
ケフィア … Kefir ( ケフィル )
サワークリーム … Tejföl ( テイフル )
チーズ … Sajt ( シャイト )
カッテージチーズ … Túró ( トゥーロー )
生クリーム … Tejszín ( テイシーン )
バター … Vaj ( ヴァイ )
マーガリン … Margarin ( マルガリン )
ヨーグルト … Joghurt ( ヨグルト )
⇒ 飲むヨーグルト … Ivójoghurt ( イヴォーヨグルト )

Túró Rudi ( トゥーロールディ ) … ハンガリーの国民的おやつ。定番は、カッテージチーズのチョココーティング。想像するようなチーズ独特の匂い等はなく、中身は意外とさっぱり系 ! 当地へお越しの際は、お試しいただきたい逸品です。

赤いドット柄がトレードマークのトゥーロールディ Photo by Yuri


ハンガリー暮らしの健康手帖では、読者の皆様の体験談をお待ちしております!自分の経験が誰かにとって価値ある情報になるかもしれません。海外暮らしに役立つ知恵をぜひ当ブログお問合せからご投稿ください☆

ABOUTこの記事をかいた人

武田友里

2015年からブダペスト在住のアラサーです。神戸大学を卒業後、映画などのロケ地として人気になっているブダペストの大学院でメディアの世界に飛び込みました。現在は、マルチリンガルを活かして、ハンガリーを拠点に中欧・東欧諸国での取材・撮影をアレンジするコーディネーターです。