欧州日本人医師会 ー 邦人の安心のために

『 欧州日本人医師会 ( JMAE ) 』をご存知でしょうか ? 欧州各地で診療活動されている日本人医師の集まりです。でも、関係者のみの閉ざされた会ではありません。ヨーロッパ在住者、または旅行者のために無料の健康相談も受け付けています。また、「青年部」も増設。今回は、この医師会の取り組みについてご紹介します。

在欧日本人医師として「 何かできることは 」

医師会は 2006 年、欧州各地で孤軍奮闘されていた 7 人の日本人ドクターらで発足。もともとは情報交換などを目的とした親睦会的な集まりでした。

その後、「 単なる親睦会ではもったいない 」 とアイディアを出し合うことに。欧州で生活、また旅行する日本人が万が一という時に、「 安心を与えるお手伝いができないか 」と考えられたそうです。

そうして始まった活動の 1 つが、次の項で紹介する無料健康相談。会員の先生方が協力し、対応されています。

現在、欧州で診療活動をする医師会メンバーは 14 か国、45 人あまり。ご専門分野は、内科、産婦人科、精神科、皮膚科、心臓血管外科と多岐に渡ります。オーストリア、デンマーク、フランス、英国、スペインなどに在住。ハンガリーでは、残念ながらまだいらっしゃりません。

欧州日本人医師会ウェブサイト
日本人ドクターの一覧はこちらから

無料の健康相談

Photo by Ako

無料の健康相談は、会員の先生方が交代で行います。すべての診療科に対応してくださるとのこと。

サイトには「 どんな些細なことであっても、ご健康に気になることがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください 」とあります。また、「 こんなことを聞いたら恥ずかしいと思わずに、どうぞ 」とも。これは心強いですね !

相談はサイトのメール送信フォームを使い、申し込みます。( 2018 年 12 月より、従来の電話による相談受付から、予約制に変更になりました。 )

留意事項
必要に応じて、電話相談がアレンジされます。その際の電話代金は相談者側の負担です。
✔ 医師会の方で、ご相談内容、その他の個人情報の外部持ち出しはありません。
あくまでも健康についてのご相談であり、診察、診療ではありません。

未来の医師もサポート

画像出典: 欧州日本人医師会

医師会の青年部は、欧州の医学部で専門課程に在籍している学生、欧州での研修医 ( 主に 3 年生から卒後 5 年までの医学生・医師 ) を対象にしています。

欧州で医師免許を取得し、就職し、経験を積んで専門医になる、という過程のサポートが目的とのこと。医大留学生の多いハンガリーからも会員がいらっしゃります。

青年部については、こちら

留学に関する事項、欧州で医療活動をしたい、医師免許を取りたいなどのお問い合わせには応じられていないので、ご注意ください。 ( 国により事情が異なるため )

最後に

欧州日本人医師会のことを知ったのは、当ブログ用のリサーチをネットでしていた時。サイトを拝読し、普段、大変お忙しいであろう先生方がこのような活動をされていることに敬服いたしました。また、「ドクター達も皆様とお話できる事を誇りに思っています」という文言に、” プロフェッショナリズム ” と ” ヒューマニズム ” の両方を感じました。

そこで、当ブログでもぜひご紹介させていただきたいと、医師会にメールを送付。すぐに、中川フェールベルク美智子先生 ( 在ドイツ、産婦人科 ) からご快諾のお返事をいただきました。ご対応の速さにびっくり。そして当ブログへ励ましの言葉まで頂戴し、これまた感激 !

今は、ネットでいろいろな情報が得られる時代ですね。でも、言葉も制度も習慣も違う中、病気や事故はやはり心細いもの。私自身、周囲の日本人の友人にはなかなか相談できず、かと言ってハンガリーで医師にかかるのも躊躇した時がありました。そのようなときに、診療経験の豊富な先生方が日本語でご相談を受けてくださる場があるというのは大変有難いことです。

医師会の先生方は、医療記事も寄稿されています。テーマは、うつ病やアトピー肌のスキンケア、乳がんの話など広範にわたります。アーカイブはこちらからどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

鷲尾亜子

1997年よりハンガリー在住。日本とハンガリーでの新聞記者の経験を活かし、現在、Twitter では「 ハンガリーのニュース 」、また政治経済ニュースレター「 ハンガリー経済情報 」( 有料 ) を配信中。