【単位の話】これだけは知ってて損なし !!

ハンガリーで使う単位は、日本と同様にセンチ、メートル、キログラム、リットルなどです。ただ、日本ではほとんど見かけない単位を使ったり、桁の表示方法が違ったりすることも。間違えると大変なことにもなりかねません。当地の生活で知っておきたい数のこと、単位のことをまとめました。

カンマと点が逆!

ハンガリーでは【 カンマ 】と【 点 ( 小数点 ) 】 の使い方が逆なのです。

管理人が先日、個人のツィッターで呟いたところ……

やはり間違えてしまう、惑わされてしまうケースがあるようで、

「 ハンガリー到着初日に ATM でキャッシングした際、想定より 3 桁多く出てきたことあります… 」と引用リツィートされた方がいました。

 

ちなみにお隣オーストリアなど、ドイツ語圏も同じです。どうぞご注意ください!

キャベツの重さは1328キロではなく、1.328キロです。Photo by Ako

 

 

デカ: 買い物時に重宝

重さに関しては、日本と同様に基本的には Kiló ( キロー ) 。ですが、1 キロ以下のものについてはグラムでなく、 Deka ( デカ ) をよく使います。

Dekagramm ( デカグラム ) の略で 1 デカ = 10 グラム。書く時は dkg です。

お店にて量り売りで注文する際は、ほぼ必ずこの《デカ》を使って言います。「 10 デカが 100 グラム 」と覚えておくと便利です。

例 : Sertéscombból 40 dekát kérek. / 豚もも肉 400グラムください。

500 グラムのことは 50 デカとも言いますが、félkiló ( キロ半分 ) もよく使います。

料理レシピも同様に、デカグラムが主流です。

豚肉 60デカ ( = 600グラム )、脂10デカ ( = 100グラム )、コメ 30 デカ ( = 300グラム )

 

 

店頭での価格表示

店頭での価格表示 キロあたりだったり、デカグラムあたりだったりと両方ありますので、気をつけてください。

  • キロあたりの表示が多いもの: 肉、魚、ハムなど加工品、チーズ、野菜
  • デカグラムあたりの表示が多いもの: ポガーチャ ( ハンガリーのおつまみパン )、クッキーなど
    例:300 Ft / 10dkg ( 100グラムあたり300フォリント )

デツィ: 飲み物注文時に重宝

液体に関しても通常は ℓ、L ( リットル ) を使いますが、それ以下の場合は ml ( ミリリットル ) ではなく Deci ( デツィ ) を使います。

Deciliter ( デツィリテル = デシリットル ) の略で 1 デツィ = 100 ml ( 100cc ) 。書く時は dl、dL とします。

例えばレストランで、グラスワインやフレッシュオレンジジュースを注文した際、

Hány decit ?  ( 何デツィほしいですか? )

ときかれることがあります。またメニューの価格表記が、1 デツィあたりになっていることも。

普通のワイングラスなら 1 杯 2 デツィ ( 200 ml ) 。ジュースなら 2 デツィは少なめです。

ワイン 2 dl はこのくらい。Photo by Ako

「 デシリットル 」は日本でほとんど使わないため、1 デツィ = 10 ml かと間違えやすいのでご注意を*。 繰り返します、1 デツィは 100 ml です !!

もともと d (デシ) は 10 分の 1 という意味。deciliter はつまり 1 リットルの 10 分の 1

店頭で売っているパックや缶・ビン入り飲料商品の表記は、通常 L ( リットル )、ml ( ミリリットル )、cc です。

 

おまけ

知っておくと便利な事柄をまとめてみました。

桁の表し方

ハンガリー語の桁の表し方は、基本的に英語と同じ。
ただ、十億、兆の言い方は、ちょっと違います。

 

eって何?

《 e 》ezer ( 千 ) の略で、値段の表記でよく使われます。

例: 家賃 150 e Ft / hó = 1 か月あたり 150,000 Ft。 */hó は 1 か月あたり

 

レシピに出てくる単位早見表

ABOUTこの記事をかいた人

鷲尾亜子

1997年よりハンガリー在住。日本とハンガリーでの新聞記者の経験を活かし、現在、Twitter では「 ハンガリーのニュース 」、また政治経済ニュースレター「 ハンガリー経済情報 」( 有料 ) を配信中。