ハンガリーの花粉症、大敵は秋口に


スギいっぱいの日本から出れば「 花粉症からサヨナラできる! 」と思いきや、残念ながらそうは問屋が卸しません! ハンガリーにはハンガリーの花粉あり。特に秋口には「あの草」が猛威を振るいます。つらい症状の緩和や予防に、「 花粉飛散カレンダー 」飛散状況のチェック方法市販薬をご紹介します。

「 建国記念日 」とともに始まる最悪期

ハンガリーの花粉シーズンは 3 月から 10 月くらいまで。国土も狭いので、地方による花粉の種類や飛散時期に大きな差はありません。

日本と違い、スギがないのは朗報です。が、春先からはカバノキ科や、スギと同じグループのヒノキ科の樹木の花粉が飛び始めます。

続いて、春から夏にかけてはイネ科の草木。

そして晩夏、 8 月 20 日のハンガリーの建国記念日を迎えると、「ヨモギ」や「ブタクサ」花粉の全盛期となります。(…ですが最近はハンガリーも夏に猛暑となることが多く、シーズン始まりも前倒しになる傾向があります)

表:ハンガリーの花粉飛散カレンダー ( 出所 : ÁNTSZ 抗原性の高い星 3 、 4 つの植物のみ抜粋 )

中でも、もっとも手強いのは「 ブタクサ ( parlagfű、パルラグフー )」

この国の約 20 %の人々がこの草の花粉に苦しんでいるとされます。( 出所:NEBIH )  花粉症になるのは秋のみ、という人も多いです。

私自身もハンガリーに住み始めてまずかかったのが、このブタクサ花粉症。喘息のような咳に鼻水、目は真っ赤、、、とスギ花粉よりもひどい状況。

一方で、春にアレルギー症状が出たのは約 10 年後。現在も春の症状は、秋ほどひどくはありません。( 人によっては春の方がひどい場合もあります。)

ブタクサは抗原性がきわめて強い草。繁殖力も半端なく、ハンガリーでは空き地などに大量に生息しています。そのため国内では、土地所有者は毎年、 6 月末までに除去する義務があると法律で定められているほど。それでも残念ながら、依然として多いのが現状です。

花粉飛散状況をチェック

花粉の飛散状況を確認するには、以下のサイトが便利です。

国家公衆衛生センター (NNK)
POLLENINFORMÁCIÓK ( 花粉情報 )”

( 2024 年 7 月更新:従来の全国気象サービスOMSZによる花粉情報は、組織改編でHungroMetになったことに伴い、終了になったようです )

植物ごとに、花粉の飛散量がわかる仕組みです。ブタクサ ( parlagfű ) などご自分にとって症状を起す植物が赤いマークになっているときは、外に長時間いるのはできるだけ控えましょう。

また、帰宅したら洋服から花粉をはらう、髪は就寝前にしっかり洗う、などもよく勧められています。洗濯物も外でなく部屋の中で干すようにしてください。

ただ、アレルギー症状が強く出る人にとっては、家の中にいてもつらいもの。症状緩和のための市販薬を、次にご紹介します。

処方箋なしで買える薬

いずれも 1 日 1 錠。アレグラ錠剤 ( 左手前 ) は、かなり大きい。

私の場合、今年 ( 2018年 ) は 3 月半ばからくしゃみが出始めました。

いつも服用しているのは、日本でもお馴染みの Allegra ( アレグラ )

とにかく不快症状を撃退したい一心で、アレグラのうち、 ” Forte ” という、抗ヒスタミン成分「 フェキソフェナジン塩酸塩 」の含有量が最も多いタイプを選んでいます。

ここでご注意いただきたいのは、ハンガリーも日本もブランド名は同じでも、フェキソフェナジン塩酸塩の含有量が違うこと。そのため、服用回数も異なります

ハンガリーのもの ⇒ 1 錠 120 mg 、もしくは Forte なら 180 mg。 1 日 1 回服用。

日本のもの ( アレグラFX ) ⇒ 1 錠 60 mg。1 日 2 回服用。

小柄な方は、効き過ぎにご注意ください!

今回は、他も試してみようと思い、薬局で尋ねてみることに。その結果、勧められたのは次の 2 つでした。

✓ Cetirizin HEXAL (セチリジン ヘキサル )

✓ Loratadin HEXAL ( ロラタジン ヘキサル )

いずれも抗ヒスタミン剤で、くしゃみ、鼻水などを抑えます。

アレグラと併せて、成分など特徴を比較したのが次の表です。

※値段は2018年時点

私はまずは、セチリジンを試すことに。アレグラと比べて 1 錠が小さく、飲みやすいのは ◎ 。服用開始以来、アレルギー症状もほとんど出ていません。

眠くなるなどの副作用は、アレグラと同様にありませんでした。あとは、薬によって随分と値段が違うのにはびっくり! セチリジンはシンプルに抗ヒスタミン剤しかはいっていないからかもしれません。

 

ハンガリーで買えるその他の市販薬

✓ セチリジン系
‐ Zyrtec ( ジルテック )
‐ Revicet (レビセット )

✓ ロラタジン系
‐ Claritine ( クラリチン )

✓ レボセチリジン系
‐ Xyzal ( ザイザル )
‐ ZILOLA ( ジオラ )

薬局では、症状が出始める 2 週間くらい前からの服用をお勧めするとのことでした。

 

 

追記 2022.09.01 市販の目薬

Photo by Yuri

武田友里
花粉症が出てくると、目がかゆくなるのも症状の一つ。当地の薬局で、処方箋なしで買える点眼薬 ( szemcsepp / セムチェップ ) を試してみました。

購入したのは Allergodil ( アレルゴディル ) 点眼薬 6 ml 。日本でもアレルギー性結膜炎の目薬に使用される医薬品 Azelasztin ( アゼラスチン / 日本での商品名はアゼプチン ) と Hidroklorid ( ハイドロコロイド ) を使用しています。

アルゴディル目薬は、花粉症などによる目のかゆみや充血の予防、治療に使われるもの。使い方はいたってシンプル。朝晩で 1 日 2 回、1 滴ずつ両目に。もし症状がひどい場合は、1 日 4 回までの使用を認めています。

1 滴ずつで足りる?と思ったのですが、使ってみてわかりました。1 回で出てくる液量が、日本の目薬と比べると多めなのです。初めて使用した時は、ドバっと落ちてきたので、びっくりしてしまいました。

使用書によると、 3 分で効果が現れるとのこと。確かに、数分でかゆみがおさまっている気がします。使用直後は、目がしょぼしょぼするような刺激がありましたが、それもすぐに消えます。使用後に眠気がくるようなこともなし。

ポーチに入れておきやすいサイズなので、持ち運ぶのにも良いです。ただ、2500 Ft 前後とそこそこのお値段。 使用量をしっかり守って、大事に使いたいと思います。

  • 使用開始年齢は 4 歳以上
  • コンタクトレンズ着用時の使用は避ける
  • 妊娠中の方は主治医に相談

花粉症の薬は、効果の出方、持続時間や、副作用の有無などで個人差があります。ご自分に合う最適のものが見つかると良いですね。

ABOUTこの記事をかいた人

鷲尾亜子

1997年よりハンガリー在住。日本とハンガリーでの新聞記者の経験を活かし、現在、Twitter では「 ハンガリーのニュース 」、また政治経済ニュースレター「 ハンガリー経済情報 」( 有料 ) を配信中。