ハンガリー・コロナ情報 ( 20 ) ワクチン 250 万人接種で緩和開始

政府は 3 月 26 日、一連の厳しい新型コロナ制限措置を少なくとも 4 月 8 日まで維持することを決定しました。

一方で、コロナワクチン接種者数が 250 万人に達した場合翌日から夜間外出禁止や店舗営業規制をやや緩和することも決定。最新情報をお伝えします。また、現在発令されている措置もまとめ直し、商用での入国体験談も追加しましたのでご確認ください。

( 最新の情報は、当サイトのTwitterもしくは『ハンガリーのニュース』Twitterでご確認くださるようお願いいたします。)

ハンガリー・コロナ情報 ( 19 ) 厳しい追加措置発表 ( 3/27 更新情報あり )

2021.03.04

制限措置は 4 月 8 日までは維持

ハンガリーは昨年 11 月から、夜間外出禁止などの一連の制限措置を課しています。

本年 3 月 8 日からは、第 3 波での劇的な感染拡大を受けて、幼稚園・小学校の閉鎖など、さらに厳しい追加措置を発令。人との接触を極力少なくするのが狙いです。

これらの措置はこれまでに何度か延長され、現在は 4 月 8 日までとなっています。本来ならば家族や親せきが集う復活祭連休中 ( 4 月 2 日~ 5 日 ) も、例外的な特別措置はありません。

3 月 8 日以降の追加制限措置
  • 幼稚園・小学校の閉鎖。小学校 ( 1 ~ 8 年生) はオンライン授業。保育園は閉鎖対象外
  • 生活・仕事に不可欠な店以外、すべて閉鎖  ※ 生活・仕事に不可欠な店舗食料品店、薬局、ドラッグストア、銀行、ガソリンスタンド、仕事に必要な製品を販売する店、園芸店などは引き続き営業可能 ( たばこ店も賛否両論ですが営業可 )。 またプライベートクリニック、郵便局、自動車修理店なども営業可
  • 緑地公園、植物公園はオープン可能。森林地帯での散策も可。屋外での個人のスポーツは可 ( ただし独りか同居する人とのみ、他人とは 1.5 メートルソーシャルディスタンス確保 ) 
  • マスクは、緑地を除き屋外すべての場所で着用義務とする
  • ソーシャルディスタンス 1.5 メートル可能な場所では確保する
  • 在宅勤務切り替えが可能な分野は、切り替え推奨
  • 国境検問を強化 ( 陸路 ) 。物流は滞りないようにする
昨年 11 月以来の制限措置
  • 夜間外出禁止 夜 20 時から翌朝 5 時まで ( 仕事、通勤、緊急事態は除く。証明書は必要 )
  • 集会、イベントは原則禁止 家族・プライベートの集まりは、最大 10 人。葬儀は最大 50 人。スポーツ試合は無観客
  • レストラン、カフェは閉鎖 デリバリー、テイクアウトのみ可能。工場内などの食堂は営業可能
  • 商店、サービス提供店は 19 時で閉店
  • ホテルは商用・教育目的の訪問者のみ宿泊可能。観光目的は不可
  • 余暇施設は閉鎖 ( 美術館、博物館、劇場、映画館、動物園、フィットネスジム、プール、温泉等 )
  • 屋外で個人が行うスポーツは可能。アマチュアの団体スポーツは不可
  • 大学はデジタル授業、寮は閉鎖
  • 9 年生以上 ( 高校に相当 ) はデジタル授業
  • 商用の屋外、立体駐車場の19 時~翌 7 時まで無料。禁止されている区域以外の路上駐車は無料

ワクチン 250 万人接種で緩和開始

データ出典:ハンガリー政府コロナ対策本部 ( koronavirus.gov.hu ) 、図作成:ハンガリー経済情報

一方で、政府は 3 月 27 日、コロナワクチン接種者 (1回目) が 250 万人を超えたら、次の措置を翌日から施行する政令で発表しました。3 月 29 日発表時点での接種者は、約 192 万人です。

  • 夜間外出禁止は 22 時から翌朝 5 時までとする
  • 店舗は 21 時半まで営業可能とする ( すべての商店、サービス提供店が営業可能 )

ただし、客数は売り場面積 10 ㎡ あたり 1 人までとする ( 14 歳未満、高齢者や障碍者付き添い人は人数にカウントしない )

※レストラン・カフェは引き続きテイクアウトとデリバリーのみです。

また、現在の計画では、幼稚園、小学校 ( 1 ~ 8 年生 )、高校 ( 9 年生~ ) は 4 月 19 日から対面授業を再開するとしました。

政府は、長引く制限措置で「 コロナ疲れ 」が出ている国民に対し、緩和方向の指針を示すことが肝要と考えたようです。また、パンデミックを抑制できる唯一の有効な手段は予防ワクチンと位置付けており、制限措置の段階的緩和と紐づけることにより、国民が接種希望を登録するよう強く呼びかけています。( ワクチン接種は任意です )

ハンガリー・コロナ情報 ( 16 ) ワクチン接種が開始に

2020.12.28

入国規制

商用目的 ( 入国体験談あり )

2021 年 3 月 1 日以来、商用目的での入国 ( 再入国 ) も原則、10 日間の隔離義務が課されています。

ただし、① 特定の国の国籍もしくは滞在許可証の保有者で、かつ、② 出発国がこれら特定の国であれば、隔離義務は従来通り免除。また、PCR 検査陰性証明の提出義務もありません。( 商用目的であることを証明する書類は必要 )

日本国籍保有者で日本から出発する場合も、隔離義務免除となります。

隔離義務が免除になる国籍 ( 滞在許可証 )

ハンガリー国籍保有者およびそれに準ずる場合

  • ハンガリー国籍保有者の配偶者や子どもなど外国人家族
  • ハンガリー当局発行の有効な永住許可証保有者
  • ハンガリー当局発行の有効な 90 日超滞在許可証保有者

その他の国の国籍保有者 ( もしくは有効な滞在許可証保有者 )

  • EU 加盟国、リヒテンシュタイン、ノルウェー、アイスランド、スイス、EU 加盟候補国 ( セルビアなど )、 英国 北アイルランド

外務大臣と内務大臣が別途、政令で指定する国:
米国、バーレーン、UAE、インド、インドネシア、イスラエル、
日本、中国、韓国、ロシア、シンガポール、トルコ、ウクライナ
キルギスタン、ウズベキスタン、アゼルバイジャン、カザフスタン
( 2021 年 3 月 4 日現在 )

これらの国の国籍保有者 ( もしくは有効な滞在許可証保有者 )が、これらの国から出発する場合、ハンガリー入国後の隔離義務は免除になります。

商用入国体験談 ( IK さんの場合 )
3 月 13 日にハンガリーに入国しました。

その 2 ~ 3 週間前、渡航準備中にたまたま別件で「 ハンガリー暮らしの健康手帖 」の管理人さんとやり取りをしている中、入国条件強化の方向との情報を伺いました。

3 月 1 日に商用入国の制限が発令。しかし日本の扱いがすぐにははっきりせずやきもきしました。2 日( 日本時間 ) になりようやく日本も隔離義務免除の特例扱いになったと知り、とりあえずホッとしました。

今回、渡航するにあたり用意した書類は以下でした。

  • 在籍している日本の会社の雇用証明書 ( 日本側で準備 )
  • 受け入れ先のハンガリー会社側からのインビテーションレター ( ハンガリー語、英語併記 )
  • 出発直前に羽田空港で行った PCR 検査結果報告書 ( 現在は羽田空港にて、渡航当日検査及び結果報告書の作成が可能。事前予約要 )

いずれも英語表記になります。

これらの書類を準備していたため、ハンガリー入国はとてもスムーズでした。イスタンブールで乗り換えでしたが、その時の方が色々聞かれ時間がかかりました。

詳細は、以下の公的機関の説明をご参照ください。
● 在ハンガリー日本国大使館公式サイト (日本語)
● ハンガリー投資促進庁の説明 ( ハンガリー語、英語 )
● ハンガリー国家警察の説明 ( 英語 )  この中で、入国時の審査を円滑に行うため警察側が用意した商用証明用紙 ( sample certificate ) に記入し提出することを勧めています。( ハンガリー語、英語、ドイツ語 )

その他の渡航目的

現在、観光目的での入国は認められていません。

就学など「 特別な事情 」があり、ハンガリー国家警察に入国が認められた場合は可能となります。ただし、入国後は 10 日間の隔離義務あり。

入国希望の場合は、まずは警察に許可を申請してください。 受け付けはオンライン、ハンガリー語もしくは英語のみです。

警察から通知があれば、渡航可能になります。その際、警察からの通知と必要な証明書 ( 留学ならば、受け入れ先教育機関が発行する証明書 ) を携帯してください。

国家警察への申請手順は、過去に掲載した関連記事の 2.2 国家警察が認める特別許可 ( 留学など ) をご覧ください。

ハンガリー・コロナ情報 (12) 外国人は原則入国拒否、9 月 1 日から

2020.08.29

現在の感染状況

3 月 29 日発表の国内の感染状況は、次の通りです。

新規 : 7 632 人 ( 過去 7 日平均 =8 693 人/日)
死者 : 189 人 ( 過去 7 日平均 = 244 人/日)

現在感染者 : 221 002人

入院 : 12 291人、うち人工呼吸器装着 : 1 497人

累計感染者数 : 641 124人、うち回復: 399 961人

ワクチン接種
1 回目: 1 920 347 人
2 回完了: 689 392 人

ハンガリー国内のワクチン接種について

ハンガリーのワクチン接種は現在、国家医療保険加入者に限られています。希望者は登録する仕組み。接種プログラムは国家が一元管理をしており、民間クリニックで接種することはできません。

妊娠中の女性は、3 月 27 日から最優先に ( ファイザー、モデルナ製のみ )。1 回目接種は 12 週以降、2 回目接種は出産後。授乳中の女性は、いつでも接種可能。いずれも希望登録は必要です。

ハンガリー・コロナ情報 ( 16 ) ワクチン接種が開始に

2020.12.28

ハンガリー・コロナ情報 ( 17 ) ワクチン関連➁

2021.01.13

 

在住者の方々におかれましては、引き続き十分にお気をつけてお過ごしください。

『 ハンガリー暮らしの健康手帖 』は、最新情報についてはまず Twitter でお知らせしています。アクセスは、こちらから

公的機関によるコロナ関連情報

【免責事項について】「 ハンガリー暮らしの健康手帖 」は、情報発信の際、正確を期すために法令確認など最善の努力をしています。しかしながら、法律の専門サイトではなく、正確性・完全性を保証するものではありません。詳細につきましては、必ず関連公的機関の公式サイトをご参考にされるか、直にお問い合わせください。

ABOUTこの記事をかいた人

鷲尾亜子

1997年よりハンガリー在住。日本とハンガリーでの新聞記者の経験を活かし、現在、Twitter では「 ハンガリーのニュース 」、また政治経済ニュースレター「 ハンガリー経済情報 」( 有料 ) を配信中。