【PR】国際幼稚園 Under the Rainbow 分校オープン、新たな教育にも挑戦

ブダペストで、国際色豊かなところと日本人の先生による日本語教育の「 両方いいとこどり 」ができるのが、国際幼稚園 Under the Rainbow ( アンダー・ザ・レインボー ) です。 そんな当園は、2022 年 9 月、分校をオープン! バスや路面電車でもグーンと通いやすくなりました。そして、豊かな人間性を育む新たな取り組みも始まり、子どもたちにも大人気。新校舎情報と併せてご紹介します。

[PR]英語、日本語、そしてなにより人間力

2019.05.31

新校舎、ブダペスト中心地からも通いやすいロケーションに

Under the Rainbow ( 以下、UTR )  本校があるのは、ブダペスト 2 区。緑豊かで閑静な住宅地の中です。

園長のエメシェ先生のモットーである、A Home from Home を実現した「 おうち 」のような佇まいの校舎。家にいるような安心できる空間で、子どもたちの心と体を育んできました。

画像提供: UTR

UTR の特徴は、日本人の子どもさんの入園希望がとても多いこと日本人の明日香先生を中心に、たくさんの邦人家族の教育をサポートしています。

緑豊か = 車がないと少々不便なロケーションではあるので、日本人の子どもさんの多くがスクールバスを利用。教育環境としての立地は素晴らしいのですが、お住いの場所によっては登園に時間がかかるということも。

幼稚園選びの際に、何を重要視するかはご家庭によって様々ですが、「 家からなるべく近い 」「 アクセスしやすい 」といった距離や利便性もポイント。その点で泣く泣く UTR を選べなかった保護者の方がいらっしゃるかもしれません。

そんな方々に朗報です!

都心から公共交通機関でアクセスしやすい場所に、分校がオープンしました! 
地図の右下紫のマークです。( 本校は左上 )

具体的には、ブダ側の中心エリア Széll Kálmán tér ( セール・カールマーン広場 ) から公共交通機関と徒歩で 10 分ほど。街中にあるの ? と思いきや、校舎は主要道路から1本入った静かな並木道沿い。園庭も緑を感じられ、本校と大差ない環境です。

本校同様に、ナーサリー ( 1 歳半~ 3 歳まで ) ならびに幼稚園 ( 3 歳~ 7 歳 ) のクラスがスタート。保護者の皆さんの選択肢も増え、入園希望の子どもたちをより多く受け入れることができるように。

二校めを開園した UTR は、教育面でもさらにパワーアップ! AAE と呼ばれる、新しい取り組みも始めています。一体どのようなプログラムなのでしょうか。

 

新たに導入、教育プログラム AAE とは

AAE は Animal-Assisted Education ( 動物介在教育 ) の略。ハンガリーで注目されているプログラムの一つです。

UTR では犬を教育パートナーとして迎え、ともに過ごします。活動内容や設定に関わらず、動物と協働することで、子どもたちの興味や好奇心を刺激し、学習意欲を高めるそう。

その他、人道的教育の観点、他者との関わり方・コミュニケーション能力を向上するのに役立つとされています。

分校では AAE プログラムを月 1 ペースで導入。ナーサリー、幼稚園クラスともに開催しています。ここではその様子をお届けします。

※ 本校では 2022 年 11 月時点では幼稚園クラスのみに導入中。

 

実際に活動を見学すると、このプログラムが大人気なのは一目瞭然。セラピー犬が教室に入ってきた瞬間、子どもたちの目は「 面白そうなことを見つけた!」と言わんばかりにキラキラとしているのです。

UTR に通っているのは、ボーダーコリーの MOKKA ( モッカ ) ちゃんとトレーナーの Nóra ( ノーラ ) さん。ともに Skyball Segítőkutyás Egyesület ( スカイボール介助犬組合 ) で経験を積んできたコンビで息もぴったりです。

 

モッカちゃんができることに合わせた教育プログラムを行うのではなく、子どもたちの活動内容に犬が寄り添う形。

まずは、子どもたちとコミュニケーションを取るところから始めます。

犬が苦手な子、好きだけれど撫でるのを怖がる子も。ノーラさんの誘導で、少しずつ距離を縮めていきます。

気が付けばどの子もモッカちゃんをヨシヨシした~い ♡ と自ら近寄っていくように。

 

取材をした日のあるクラスでは、❝ What’s the time, Mr Wolf ? ( 狼さん、今何時?)  ❞という遊びの中で、モッカちゃんは狼役。ちょっぴりリアルな狼に、子どもたちもドキドキワクワク!

そんなテンション高めな状況でしたが、モッカちゃんが驚かないように子どもたちは大きな声を出さないようにしたり、真剣に先生の指示に耳を傾けていました。

 

ボールを使った活動も一緒に。子どもたちは、モッカちゃんにうまくボールが渡るように配慮しているようでした。

 

他のクラスでは、モッカちゃんとともに数字や言語を学習。難しい内容でも園児たちはニコニコしながら学んでいました。

AAEプログラムの導入は、 社会性や情緒面、言語教育など、様々な角度から園児たちの発達を手助けしています。

 

園長から一言

エメシェ園長先生
こんにちは。園長の Emese ( エメシェ ) です。

AAE の存在を知り、2 年前に教員向けトレーニングプログラムに参加しました。私自身がセラピー犬と触れ合い活動する中で、そのユニークな教育的アプローチに魅了されました。

当園で教育の軸にしている「 人間力 」を高めていくために、 AAE プログラムを取り入れることを決心したのです。

子どもたちの教育を目的に導入したのですが、それを支える教員たちにも良い影響が現れています。今までとは違った教育方法を取り入れたことで、先生たちの発想や考え方に新しい風を吹き込んだようです。

モッカちゃんが教室に入ってきた時の子どもたちの笑顔だけでも十分な価値がありますが、それ以上に、セラピー犬の存在は、園児たちの自信、自立、協調性などを高める効果的なツールとなっています。

まだスタートさせたばかりの取り組みですが、その効果は肌で感じています。今後も AAE をカリキュラムに組み込み、子どもたちの成長をサポートしていくつもりです。

また、分校設立により、UTR は受入数を増やすことができました。当園の教育にご関心のある方は、ぜひお気軽にお問合せください。

 

Under the Rainbow ( UTR : アンダー・ザ・レインボー ) 基本情報

ホームページ : http://www.undertherainbow.hu/jp
住所: 幼稚園 1029 Budapest, Feketerigó u. 20. / ナーサリー Feketerigó u.26
電話:+36 30 231 81 81、 +36 1 274 72 02
対象:
ナーサリー ( 1 歳半~ 3 歳 : 2 グループで各 9 ~ 10 人 )、
キンダーガーデン ( 3 歳 ~ 6歳 : 年少・年中・年長で各 12 ~ 14 人 )
先生の数: 11 名
保育時間: 7:30 ~ 17:00
週 5 日保育費 ( 年間 ) :幼稚園は 191.5 万 Ft ( + 給食費 15 万 Ft ) 、ナーサリーは186 万 Ft ( 2020 / 2021 年度)。早割り、兄弟割引あり。また、半日預かりなどの制度もあります。

*ブダペストの国際幼稚園の相場は、200 ~ 300 万 Ft / 年です。
子どもの英語知識は問いません。ゼロでももちろん大丈夫です。
見学もできます。ぜひご連絡くださいね。
夏季キャンプは 7 月、8 月。※ 園外の子どもも受け付けています。

お問い合わせ: info@undertherainbow.hu
日本語担当: 中野明日香

 

【キャンパスが増えました!】
第2キャンパス 1026 Budapest, Torockó utca 6/b ( 幼稚園とナーサリー )
第3キャンパス 1026 Budapest, Levél utca 6 ( 幼稚園 ) ※英語のみ

UTR official photos © atti.cam

【 Partner PR 】 Under The Rainbow は、当サイトのパートナー幼稚園です。

ABOUTこの記事をかいた人

武田友里

日本ハンガリーメディアート在籍の撮影コーディネーター ( Production Coordinator ) です。神戸大学を卒業後、映画などのロケ地として人気になっているブダペストの大学院でメディアの世界に飛び込みました。現在は、マルチリンガルを活かして、ハンガリーを拠点に中欧・東欧諸国での取材・撮影で走り回っています。